RSS | ATOM | SEARCH
#241 3層木製窓のガラスファサード

3層木製窓のガラスファサード

 

Tjena! 

 

以前ご紹介した、群馬県の

美容室のガラスファサードが

完成したので見に行って来ました。

 

この建物は、集成材でグリッド(格子)

を組み、そこに3層ガラス木製窓を

はめ込むといったデザインです!

 

完成したガラスファサードは、

想像より遥かに美しい仕上がりで、

スウェーデン建築を彷彿させます。

 

スウェーデンの建築物は、

住宅のみならず、店舗やホテル、

オフィスビルまで高断熱仕様です。

 

つまり、「デザインと断熱」は、

常に共存させる必要があって、

建築家の見せ所でもあります。

 

3層木製窓のガラスファサード

 

このガラスファサードのグリッドは、

x高さが、約1.8m x 1.2mです。

 

これは、トップターン(回転)窓の

サイズから算出されています。

 

FIX窓であれば、さらに大きな

開口が可能ですが、計画上、

排煙用の「開閉」窓が必要でした。

 

トップターン窓は、窓の両側で

窓扉を支持しているので、ここまで

大きな3層ガラス木製窓が可能!

というわけです。

 

3層木製窓のガラスファサード

 

一見すべて同じように見える窓も、

上部の数カ所は、開閉可能な

トップターン窓が取り付いています。

 

木製のグリッドに、木製の窓。

そして、木製のエントランスドア。

 

シャープなガラスファサードでも、

どこか温もりを感じる建物・・・。

 

それは、北欧建築のデザインと

共通する要素でもあります。

 

3層木製窓のガラスファサード

 

建物の内部には入れませんでしたが、

ガラス越しに見える美容室は、

モダンなインテリアに、洗練された

椅子や家具が配置されていました。

 

素敵な美容室として、たくさんの

お客さんを癒すことでしょう!

 

間もなくオープンです。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデンの3層ガラス木製窓」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材」詳しくはこちら

 

author:Akio Kanaida, category:3層ガラス木製窓, 09:00
comments(0), -, -
#240 ホワイト仕上げのオムツ交換台

Robust-Allwhite

 

Tjena!

 

日本のホテルやお店の化粧室は、

とてもスタイリッシュですね。

 

特に最近そう感じませんか?

 

お店のインテリアだけでなく、

お客様が使う化粧室までしっかりと

演出に力を入れているからです。

 

日本人の「おもてなしの心」

なのかも知れません。

 

群馬県高崎市にある

イタリア厨房「パターテ」緑町店

もその一つです。

 

Restaurang-Patate

 

今回、お店のリニューアルで、

化粧室もモダンな感じに一新! 

 

スウェーデン製オムツ交換台

Robust」(ロブスト)が

ここにも採用されました!

 

「パターテ」は、焼きたての

窯焼きピッツァのテーブルサービスや

パティシエの手作りドルチェが

好評のレストランです。

 

雰囲気も、イタリアの居心地よい

空間に仕上げられています。

 

Robust」は、ブナ無垢材

の木製なので、ナチュラル仕上げの

Robust-Beech」が人気ですが、

 

今回は、ホワイトxブラウン基調の

モダンなインテリアに合わせ、

「Robust-Allwhite」が選ばれました。

 

Robust-Allwhite Robust-White

 

「Robust-Allwhite」とは、

オムツ交換台のフレームと扉(台)

すべてがホワイトペイント仕上げです。

 

これに対し、「Robust-White」は、

オムツ交換台のフレームが、ブナ材の

クリアラッカー仕上げとなります。

 

扉(台)の表面だけ、ホワイト仕上げ

なので、見た目が少し異なるのです。

 

また、「Robust-Allwhite」は、

すべてホワイト仕上げなものの、

本体はブナの無垢材なので、

 

使ってみると、木の素材感や

温もりが伝わってきます。

ここがポイントですね!

 

化粧室は無機質になりがちですが、

木の素材が使う事で、かなり

印象を変えられるのです。

 

Robust-Allwhite Robust-Allwhite

 

Robust」は、扉を下ろすと、

広いオムツ交換台が展開されます。

 

しかし、収納時の奥行きは、

わずか20cmと省スペース!

 

見た目も北欧家具仕様なので、

スタイリッシュな化粧室に

とても似合う・・・わけですね。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン製オムツ交換台詳しくはこちら

 

>「スウェーデン製オムツ交換台日本での設置例はこちら

 

author:Akio Kanaida, category:オムツ交換台, 09:00
comments(0), -, -
#239 スウェーデンのバルコニー

スウェーデンのバルコニー

 

Tjena! 

 

スウェーデンの住宅には、必ず

と言ってよいほど、バルコニーや

ウッドデッキが付いています。

 

それは、日本のように、

洗濯物干し・・・用ではなく、

ちょっとカフェをする場であったり、

食事をしたりする場だからです。

 

床のデッキ材は、厚さ28mm

幅が120mmのインプレ材

が使われています。

 

インプレ材とは、防腐防蟻処理を

施した材で、床が、緑がかった色を

しているのはこのためです。

 

デッキ材は、水はけを良くするため、

5mm程隙間をあけて並べます。

 

バルコニーやウッドデッキの

「印象」を左右するのが、

手すりのデザインですね。

 

機能的に仕上げるのであれば、

角材を組み合わせ完成!ですが、

スウェーデンの手すりは、

スタイリッシュなつくりです。

 

スウェーデン本国仕様住宅の

KarlsonHus(カールソンヒュース)に

標準装備されている手すりの

ディテールを見ると、各部材の造形の

細かさに驚かされます・・・。

 

スウェーデンのバルコニー

 

柱には140x140mmといった

重厚な集成材が使われています。

 

柱頭には、寄棟屋根のような

「帽子」が載っています。

もちろん、木製です。

 

手すりは、厚さ40mm

幅が110mmの角材ですが、

上部が丸みを帯びた加工のため、

雨水が両側へ流れる形状です!

 

しかも、その手すりを上下二段

・・・で使っているので、

エレガントな印象を受けます。

 

そして、感心してしまうのが、

手すり子の「留め方」です。

 

手すり子自体は、厚さ22mm

幅が120mmといった普通の

角材なものの、これを手すりの

下部に差し込んでいます・・・。

 

手すりの下部には、よく見ると、

22mm厚の板が入る「溝」の

レール加工がされているのです!

 

手すり子の下は、手すりと同じ

形状の材で挟んで固定されます。

 

一瞬で、「素敵なデザイン」と

感じさせるスウェーデンのバルコニー。

 

その理由がわかりましたね!

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

author:Akio Kanaida, category:スウェーデンの住宅, 09:00
comments(0), -, -
#238 床面積と壁厚

KH-Quadra

 

Tjena! 

 

スウェーデン本国仕様で

住宅を計画する時、壁厚が

20cmとか30cmになります。

 

すると、外壁が厚くなる程、

「室内の床面積が狭くなる!」

と言う方がいます。

 

確かにそうですね・・・。

 

日本の図面では、寸法の線が、

柱の芯を押さえています。

 

通常の在来工法であれば、

105mmなので、その中心の

105/2=52.5mmです。

 

ツーバイフォーであれば、

2x4材だと、89mmの中心。

2x6材だと140mmの中心の

140/2=70mmとなります。

 

建築基準法では、主体構造の

柱、たて枠材の材芯だからです。

 

この線で床面積が算出されるので、

線より室内側にある「壁」は、

実際に床となりません・・・。

 

つまり、外壁が厚い程、日本では、

図面の床面積に比べ、実際の

床面積が小さくなるのです!

 

外壁に断熱材が不要であった時代、

その差は問題にならなかったものの、

超高断熱化で外壁が分厚くなった現代、

この差は無視できません。

 

これに対し、スウェーデンの図面が

どうなっているのか?・・・というと、

 

外壁の外側と内側と、両方の寸法線があります!

 

KH-Quadra-Plan-1

 

外壁の外側の線で算出した床面積を、

BYA (ByggnadsArea) といって、

建物の面積を表しています。

 

外壁の内側の線で算出した床面積を、

BOA (BoArea) といって、

室内の床面積を表しています。

 

つまり、BOAを見れば、

これが実際の床面積であって、

外壁の厚みに左右されません!

 

(ただしBOAは室内壁を含む)

 

例えば、カールソンヒュース社の

Quadra(クアドラ)というモデルの

図面(1F)では、BOA=88.4m2

BYA=99.7m2と表示されています。

 

その差は、なんと11.3m2

 

ちなみに、この家の外壁厚は、

293mm」。納得ですね・・・。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:スウェーデンの住宅, 09:00
comments(0), -, -
#237 超断熱仕様の住宅

スウェーデンの円形窓

 

Tjena! 

 

先日、栃木県の日光市に、

円形窓と天窓を納品して来ました。

 

この住宅は、超断熱仕様にしたい

との事で、玄関脇の円形窓と

屋根に使う天窓も高性能仕様が

必要だったのです。

 

今回、採用されたのが

熱貫流率のU値が1.0未満の

円形窓と天窓です。

 

その仕様は・・・

 

円形窓

外側アルミ木製

フィックス

3層ガラス

窓枠外寸:直径R=780mm

U=0.9 w/m2k

外側アルミ:ホワイト

室内側パイン:ホワイト

 

天窓

外側アルミ木製

中軸回転式

3層ガラス

枠外寸:550x980mm

U=0.8 w/m2k

外側アルミ:グレー

室内側パイン:クリアラッカー

 

そういえば、住宅の断熱仕様は

聞いていなかったのですが、

 

現場を見てビックリ!

 

超断熱仕様の住宅

 

明らかに分厚い外壁枠・・・。

 

大工さんに聞いてみたら、

2x8(ツーバイエイト)材でした。

つまり、38x184mm

 

184mm厚のグラスウールが

すでに充填されていました。

 

円形窓と天窓が納まる

ラフ開口を確認して・・・

 

外へ出たらまたビックリ!

 

外側に無数のブラケットが

取り付けられています。

 

超断熱仕様の住宅

 

大工さんに聞くと、

これは外断熱用で、この後、

100mm厚の断熱材が

施工されるとの事・・・

 

つまり、外壁の断熱厚は、

184+100=284mm厚!!

 

しかも、外装材は、本物の

レンガが積まれるとの事。

 

大工さん曰く、

 

「この家は、断熱材など施工に

通常の家の3倍はかかる」

 

・・・と。

 

ここでは、スウェーデン本国と

同等とも言える住宅づくりが、

すでに始まっていたのです!

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:3層ガラス木製窓, 09:00
comments(0), -, -