RSS | ATOM | SEARCH
#256 気密住宅と薪ストーブ

スウェーデンの薪ストーブ

 

Tjena! 

 

スウェーデンにおいて

住宅の暖房は、地域供給される

温水や電気が主ですが、

 

薪ストーブは、今なお、新築住宅に

高い確率で装備されています。

 

冬は極寒の地域なので、

万が一の停電時でも暖を取れること、

(暖が取れないと死活問題)

 

そしてまた、暖炉のある生活を

大切にしているからですね。

 

スウェーデンの薪ストーブは、

そのスタイリッシュなデザインも

凄いのですが、驚くべき特殊な

構造をしています。

 

薪ストーブの構造を見ると、

薪を燃やす炉は、ガラス扉などで

室内と完全にシャットアウト

されたクローズ型です。

 

スウェーデンの薪ストーブ

 

本体の下には、外気とつながる

「給気ダクト」があって、

ここから燃焼空気が炉へと

供給される仕組みです。

 

薪が燃えて発生した煙は、

煙筒を上昇し、屋根の煙突から

外気へと放出されます。

 

つまりこれは、

室内の空気を全く使う事なく、

燃焼熱だけを室内へ伝える・・・

といった気密住宅仕様です!

 

どうして、

こんな構造になっているのか?

・・・というと、

 

薪ストーブは、その名の通り、

「薪」を実際に燃やすので、

燃焼には、酸素が必要であり、

煙には、二酸化炭素を含みます。

 

寒い冬に炉で薪を燃やすと、

熱い空気は勢いよく上昇して

煙突から外へ出て行きます。

 

と同時に、燃焼空気を炉へ

どんどん吸い込むのです!

 

スウェーデンの薪ストーブ

 

薪を燃やす炉がオープン

(室内に開放されれいる)だと、

大量の室内空気が一気に消費

されてしまいます。

 

もしこれが、気密性の低い

昔の家であれば、あらゆる

隙間から外気が入ってくる

ので問題ありません・・・。

 

しかし、気密性の高い

現代の省エネ住宅では、外気が

ほとんど入ってこないため、

 

室内が異常な負圧状態

(気圧が低い状態)となって

様々な問題を起こす原因と

なってしまうのです・・・。

 

なぜならば、気密住宅では、

換気システムによって、常に、

排気量が、給気量と同程度になる

ように制御されているからです。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデンの薪ストーブ」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの薪ストーブ」に関するお問い合わせ

 

author:Akio Kanaida, category:薪ストーブ, 09:00
comments(0), -, -
#255 外観デザインのディテール

外観デザインのディテール

 

 

Tjena! 

 

スウェーデン住宅の外観は、

重厚感ある、趣のあるデザインです。

 

確かに、断熱材がたくさん充填された

30cm以上ある外壁は、重厚ですね。

 

しかし、外観デザインでは、

その厚みを見る事はできません。

 

では、どうして、

重厚に感じるのでしょうか?

 

それは、外装材のディテール

他なりません!

 

スウェーデン住宅の外装材は、

主に「木パネル」が使われていますが、

たくさんの造作材も使われます。

 

外観デザインのディテール

 

例えば、スウェーデン本国仕様住宅、

KarlsonHus(カールソンヒュース)

では、Duvhylla(デューブヒッラ)

という専用造作材があります。

 

これは、直訳すると、

「鳩の棚」との意味で、屋根の軒先に

取り付ける木製造作材です。

 

ちょうど、建物の四隅の上部、

切妻屋根の軒部分で、その下には、

隅パネルが取り付けられます。

 

外観デザインのディテール

 

通常これらは、白色に塗られるので、

見た目が、まさに、ギリシャ神殿の

柱頭を彷彿させます!

 

このDuvhyllaの造形は、

そのまま桁方向の軒先へと続き、

隅パネルは、板の表面に、3つの溝

(レール)が掘られたデザインです。

 

外観デザインのディテール

 

窓周りには、スウェーデンらしく

ケーシング(額縁)が周っていますが、

その窓上には、「庇」のような専用の

造作材が取り付けられます。

 

上端には、丁寧にも水切り材が

取り付いているので、実際に、

窓へ雨水を落とさない「庇」として

の役割となっているのです!

 

外装パネル材だけでなく、造作材も、

これらすべてが立体的な作りのため、

光の加減で、影が浮かび上がります。

 

外観デザインのディテール

 

この影は、常に変化し続けます。

 

様々な表情をする外観に、人は、

移りゆく自然の趣を感じるのでしょう。

 

この影こそが、外観に重厚感を

与えている理由ですが、

 

そこには、スウェーデン人が

手間と時間を費やしたディテールの

存在があったのです・・・。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「カールソンヒュースの家詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの住宅と建材」詳しくはこちら

 

author:Akio Kanaida, category:スウェーデンの住宅, 09:00
comments(0), -, -
#254 1.5階建の家

1.5階建の家

 

Tjena! 

 

スウェーデン住宅の外観は、

非常にシンプルなデザインです。

 

しかしながら、魅力的な外観と

感じさせてしまうところが、

北欧デザインのセンスでしょう!

 

例えば、スウェーデン本国仕様住宅、

KarlsonHus(カールソンヒュース)

の住宅を見てみましょう。

 

これは、「Mangarden

(マンゴーデン)というモデルで、

層2階建ての切妻屋根です。

 

退屈な外観となりがちですが、

とてもバランスのとれたデザインで、

一瞬で人を惹き付けますね。

 

これは、よく行われる手法で、

2階部分の壁が短くなっています。

 

この家は、スウェーデンでは、

1.5階建と呼ばれ、完全な2階より

スタイリッシュに見せる事ができます。

 

その分、2階壁際の天井が低くなるので、

天井はフラット(平ら)ではなく、

勾配天井になります。

 

1.5階建の家

 

勾配天井には、木製のパネル、

例えば、15x120mm断面の

パイン材がよく張られています。

 

見た目が船の底のようなので、

船底天井とも呼ばれます。

 

当然の事ながら、桁側外壁付近の

天井高は低くなりますね・・・。

 

しかし、それを上手に利用して

プランニングするのが、

北欧の建築デザイナーです!

 

1.5階建の家

 

ベッドや机、トイレの便座など

実際の利用に高さの必要のないものが

壁側に配置されています。

 

均一で平らな天井よりも、

勾配のある天井は、魅力ある

立体的な空間を生み出すのです。

 

1.5階建の家

 

非日常的なこの空間は、

趣味の部屋としても利用されます。

 

この家では、壁際にミニバーを、

中央にビリヤード台を設置していました。

とても雰囲気がありますね!

 

1.5階建の家

 

2階部分の壁を低くする事で、

外観だけでなく、室内空間までも

劇的に変えてしまう・・・。

 

まさに、「Less is more」です。

 

 ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「カールソンヒュースの家詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの住宅と建材」詳しくはこちら

 

author:Akio Kanaida, category:スウェーデンの住宅, 09:00
comments(0), -, -
#253 焚き火のできるテーブルセット

ミニログのグリルセット

 

Tjena!

 

日本へご紹介している

スウェーデン建材の中に、

北部産パイン無垢フローリング

というのがあります。

 

無垢フローリングの良し悪しは、

素材の良さと低い含水率です。

 

このパイン材は、スウェーデン

最北端のラップランド産で、

年輪が緻密で最も良質なものです。

 

フローリングでは、含水率8%と

家具並の品質を誇ります。

 

このメーカーは、この良質な

パイン材を使ったミニログも

プロデュースしています。

 

趣味の空間としてのミニログ、

ちょっとした別荘としてのミニログ、

薪サウナ専用のミニログ、

サンルームとしてのミニログ・・・

 

など、5m2から25m2までの

本格的なログハウスです!

 

ただし、ログの断面は、

45x145mmを主体としていて、

D.I.Yで組めるレベルです。

 

とはいっても、ログハウスの

世界観は本物で、小さくとも

魅力的な空間を創造しています。

 

ミニログのグリルセット

 

この焚き火のできる

テーブルセットも然りです。

 

アウトドアで必ず欲しい

「焚き火」を中央に配置した

グリルキットです。

 

ミニログのグリルセット

 

もちろん、ログメーカーらしく、

テーブルも椅子もログ材を使用!

その作りは、ログ構造と同じです。

 

ミニログのグリルセット

 

テーブルの大きさは、130x130cm

中央の焚き火部分は、68x68cm

 

ミニログのグリルセット

 

これに、180cm長のベンチが

標準で3つ付属しています。

 

ミニログのグリルセット

 

スウェーデンは、

焚き火を囲みながら過ごす

時間を大切にする文化です。

 

ソーセージをグリルするのが

一般的ですが、アイデア次第で、

いろんな使い方ができますね!

 

キャンプ場にも最適です。

 

オプションで、ベンチを追加したり、

グリルプレートなしのテーブルで

デリバリーすることも可能です。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「グリルキット」に関するお問い合わせはこちら

 

>「スウェーデンのミニログ詳しくはこちら

 

author:Akio Kanaida, category:ミニログ, 09:00
comments(0), -, -
#252 ワイドタイプのRobust

Robust-Extra Robust-Extra

 

 

Tjena! 

 

現在、日本に導入している

スウェーデン製オムツ交換台

Robust」(ロブスト)は、

 

幅が66cmで、正面から赤ちゃんの

オムツを交換するタイプです。

 

これに対して、ワイドタイプの

Robust-Extra」(ロブスト・エキストラ)

というモデルがあります。

 

この幅は、77.5cmと標準モデルより

広くなっています。

 

オムツ交換台の高さは同じなので、

展開した時の台の奥行きは、

77cmと同じサイズです。

 

ワイドタイプなので、

赤ちゃんを横向きに寝かせて・・・

 

と思いきや、実は、赤ちゃんを

斜めに寝かせオムツを交換します!

 

Robust-Extra

 

ちなみに、赤ちゃんが横向きの状態で

オムツを交換するのは、正直なところ、

かなりやり難いですよね・・・。

 

Robust-Extra」の台は、片方の

(左または右の)角が取れているので、

 

赤ちゃんを斜めに寝かせても、

オムツの交換は、赤ちゃんに対し

正面で行えるので、使い勝手は、

標準モデルと同じです。

 

Robust-Extra Robust-Extra

 

このワイドタイプは、

どのような時に便利かというと・・・

 

洗面台の脇に設置することで、

台に乗せた赤ちゃんから手を離すことなく

手を洗うことができます!

 

標準モデルでは、Robust」を

洗面台の脇に設置しても、立ち位置と

水栓金具までの距離があるので、

そのままでは、手は洗えません。

 

オムツ交換台に赤ちゃんを乗せたまま、

台から少しでも離れることは、

絶対に厳禁!・・・だからですね。

 

もう一つのメリットとして、

部屋の奥行きが狭い時、つまり、

台を展開した時に、人が立つスペースを

確保できない場合に便利です。

 

台を展開できるスペース(77cm

さえ確保できれば機能します!

 

もちろん、Robust-Extra」は、

通常モデルと同じように、

正面に立って、赤ちゃんのオムツを

交換することも可能です。

 

Robust-Extra

(この写真は右モデル:右の角が取れている)

 

デメリットとしては、

色が一種類しかない事です。

 

フレームがブナ材のナチュラルで

台板がホワイトのラミネート

仕上げのみの設定です。

 

また、クッションも

「ホワイト」のみの設定です。

 

Robust-Extra」をご注文の際は、

角が取れている方向で、右モデルと

左モデルがあるのでご注意下さい。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン製オムツ交換台詳しくはこちら

 

>「スウェーデン製オムツ交換台日本での設置例はこちら

 

author:Akio Kanaida, category:オムツ交換台, 09:00
comments(0), -, -