RSS | ATOM | SEARCH
#258 煙突の進化版がもたらす可能性

薪ストーブと煙突セット

 

Tjena! 

 

スウェーデンのような

気密住宅に薪ストーブを使う場合、

燃焼として室内空気を使わない

「クローズ型」とします。

 

クローズ型の薪ストーブには、

本体の下や背面に、燃焼空気を

導入する給気口があります。

(径6070mm程度)

 

通常は、ここに給気ダクトと

呼ばれるフレキシブル管を接続し、

外気を導入します。

 

設置場所が1階、根太組で

床断熱の場合は、根太下から

簡単に外気を導入できます。

 

しかし、基礎断熱や2階の場合、

床下に外気が存在しないので、

外壁を貫通し外気を導入する事に

なってしまいます・・・。

 

気密住宅で薪ストーブを使う場合、

外気導入する必要があるとはいえ、

できれば気密・断熱処理された外壁に

穴を開けたくないのが本音ですね。

 

そこで、新たに登場したのが

煙突の進化版です!

 

まずは、煙突の構造をご覧下さい。

 

給気煙突セット

 

煙筒の外径は、280mm

標準仕様と同じですが、

 

中央は排気が下から上へ、

周囲は給気が上から下へと流れる

二重構造となっています!

 

内径は150mmで同じです。

ただし、周囲の断熱材をやや薄くし、

その代わり、燃焼空気用の

通気スペースを確保しています。

 

屋根の煙突外周から吸い込まれた

外気は、煙筒の外側を通って、

薪ストーブの背面へと流れます。

 

専用のアダプターを取り付け、

薪ストーブ本体の給気口へ送ります。

 

給気煙突セット

 

こうすれば、給気ダクトを

床下に通りたり、外壁を貫通させたり

する手間が不要となります!

 

ホント賢い煙突ですね・・・。

 

この煙突は、Tillufts-Skorsten

と呼ばれ、直訳すると「給気煙突」です。

 

配置が自由になるので、例えば、

リビングの中央に薪ストーブを置いたり、

リフォームで簡単に設置できたりと、

 

給気煙突は、薪ストーブの

新たな可能性を広げたのです。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデンの薪ストーブ」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの薪ストーブ」に関するお問い合わせ

 

author:Akio Kanaida, category:薪ストーブ, 09:00
comments(0), -, -
Comment