RSS | ATOM | SEARCH
#255 外観デザインのディテール

外観デザインのディテール

 

 

Tjena! 

 

スウェーデン住宅の外観は、

重厚感ある、趣のあるデザインです。

 

確かに、断熱材がたくさん充填された

30cm以上ある外壁は、重厚ですね。

 

しかし、外観デザインでは、

その厚みを見る事はできません。

 

では、どうして、

重厚に感じるのでしょうか?

 

それは、外装材のディテール

他なりません!

 

スウェーデン住宅の外装材は、

主に「木パネル」が使われていますが、

たくさんの造作材も使われます。

 

外観デザインのディテール

 

例えば、スウェーデン本国仕様住宅、

KarlsonHus(カールソンヒュース)

では、Duvhylla(デューブヒッラ)

という専用造作材があります。

 

これは、直訳すると、

「鳩の棚」との意味で、屋根の軒先に

取り付ける木製造作材です。

 

ちょうど、建物の四隅の上部、

切妻屋根の軒部分で、その下には、

隅パネルが取り付けられます。

 

外観デザインのディテール

 

通常これらは、白色に塗られるので、

見た目が、まさに、ギリシャ神殿の

柱頭を彷彿させます!

 

このDuvhyllaの造形は、

そのまま桁方向の軒先へと続き、

隅パネルは、板の表面に、3つの溝

(レール)が掘られたデザインです。

 

外観デザインのディテール

 

窓周りには、スウェーデンらしく

ケーシング(額縁)が周っていますが、

その窓上には、「庇」のような専用の

造作材が取り付けられます。

 

上端には、丁寧にも水切り材が

取り付いているので、実際に、

窓へ雨水を落とさない「庇」として

の役割となっているのです!

 

外装パネル材だけでなく、造作材も、

これらすべてが立体的な作りのため、

光の加減で、影が浮かび上がります。

 

外観デザインのディテール

 

この影は、常に変化し続けます。

 

様々な表情をする外観に、人は、

移りゆく自然の趣を感じるのでしょう。

 

この影こそが、外観に重厚感を

与えている理由ですが、

 

そこには、スウェーデン人が

手間と時間を費やしたディテールの

存在があったのです・・・。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「カールソンヒュースの家詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの住宅と建材」詳しくはこちら

 

author:Akio Kanaida, category:スウェーデンの住宅, 09:00
comments(0), -, -
Comment