RSS | ATOM | SEARCH
#247 窓周りのインテリア

窓上の照明

 

Tjena! 

 

「北欧のインテリアって素敵ですね!」

とよく言われます。

 

その要因は、たくさんありますが、

特に、窓周りの演出は素晴らしく、

窓上に間接照明を設置するなど、

それは、まるで美術館のようです。

 

スウェーデン住宅の外壁は、

20cm以上の断熱材を充填するため

壁が厚くなっています。

 

日本では、こんなに厚いと、

部屋の面積が減ってしまう!

と嫌がられてしまいますね。

 

でも、スウェーデンでは、あえて

窓台まで付け、小物や植物を置いて、

窓周りの演出を楽しんでいます。

 

その演出は、イースター、

夏至祭、クリスマス・・・と

季節ごとに変わって行くのです。

 

夜になって、窓上から明かりを

灯すと、窓際だけ明るくなります。

 

室内の照明も、日本のように、

部屋の中央で強く光らせる方法

を取っていないからです。

 

窓上の照明

 

窓上から吊るすタイプの照明も

たくさんの種類があります。

 

最近では、この壁厚を利用して、

窓の上枠にハロゲンランプを予め

埋め込んでしまうのが主流です!

 

また、窓をカーテンで締め切る

といった事もしません・・・。

カーテンを付けない事が多く、

付ける場合も、飾り程度なのです。

 

「夜になると、外から室内が

丸見えではないか?」と不思議に

思ってしまいますね。

 

しかし、実際のところ、

室内がさほど明るくないので、

窓際はよく見えても、室内の中

まではよく見えないものです。

 

窓上の照明

 

この窓際の演出は、北欧建築に共通で、

室内のインテリアが素敵に感じる

大きな要因の一つなのです。

 

また、北欧の夜の街並みが、

まるで童話の世界に感じてしまうのも、

窓からのこの「温もり」が溢れ出ている

からと言えるでしょう。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの窓詳しくはこちら

 

author:Akio Kanaida, category:スウェーデンの住宅, 09:00
comments(0), -, -
Comment