RSS | ATOM | SEARCH
#246 二つの洗面台

スウェーデンの洗面台

 

Tjena! 

 

スウェーデンの浴室はBadrum

(バードルム)と呼ばれます。

英語でいう「Bathroom」です。

 

Room」というくらいなので、

一つの大きな部屋です。

 

そこには、シャワー、バスタブ、

洗面台、サウナ・・・そして、トイレ!

までもがレイアウトされます。

 

部屋の大きさも、68畳はあるので、

その中で「トイレを使う」というのは、

最初、かなり抵抗でした・・・。

 

しかし、不思議なことに、

慣れると非常に快適なのです!

 

ちなみに、「臭い」は大丈夫なの?

 

とよく聞かれますが、換気システムにより

常時、空気(臭い)が排気されている

ので特に問題ありません。

 

スウェーデンの洗面台

 

ところで、この「Badrum」にある

洗面台なのですが、たいてい二つあります。

 

正確には、洗面台が長めで、

二つの洗面器があるのです。

 

最初は、どっちを使えばいいの?

二つは要らないでしょ?

 

なんて思っていましたが、

これが実に便利なのです。

 

特に朝は、歯磨きやヘアセットなど

高い確率で誰かと同時になります。

 

でも、このような長い洗面台に

洗面器が二つあれば、2人はもちろん、

3人が同時でも全く問題なしです!

 

スウェーデンの洗面台

 

これまた慣れると、非常に快適!

どうして日本は一つなのだろう・・・?

と逆に不思議に思ってしまいます。

 

ちょうど日本でいう、一つの家に

トイレが二つ必要なのと同じですね。

 

洗面台に関して言えば、

さすがは北欧家具。機能面だけでなく

デザイン性も抜群です!

 

洗面台の天板には、木製のものが

使われることもあります。

 

硬木のオークやアッシュで、

オイル仕上げが主流です。

 

スウェーデンの洗面台

 

木製なので、水の飛び跳ねを

放置するとシミの原因となるため、

日本ではあまり見かけません。

 

使用後には、飛び跳ねた水を

乾いたタオルで拭き取ります。

 

この「作業」を、

無駄で面倒と思うか・・・

木を扱う者のマナーと思うか・・・

 

その違いと言えるでしょうね。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

author:Akio Kanaida, category:キッチン&洗面, 09:00
comments(0), -, -
Comment