RSS | ATOM | SEARCH
#245 木造住宅の技術革新

スウェーデン製外壁ブロック

 

Tjena! 

 

前回は、木造住宅が超省エネ化へと

進化していく過程において、

 

在来工法では、外壁の断熱厚を

120mm以上に増やそうとすると、

 

材料と手間がかかってしまって、

施工時間と費用が増してしまう・・・

といった課題を指摘しました。

 

一方、ツーバイフォー工法は、

外壁の断熱厚を140mm厚、

184mm厚、またはそれ以上に

増やせるので有利!でしたね。

 

しかしながら、どちらも

超省エネ仕様の重厚な窓やドアを

現場で取り付け、断熱・気密処理を

施すのは、複雑で難しい・・・

といった課題も指摘しました。

 

超省エネ化を進めるほどに、

それらの精度を均一に保つには、

手間と時間、費用が増大します。

 

ちょうど、日本の今の現状が、

その損益分岐点にいる感じです。

 

これ以上に性能を上げたいが、

費用が格段に上がってしまう・・・

という限界の位置ですね。

 

そこで、外壁の断熱厚が30cmとか

40cmで、3層・4層ガラスの木製窓

といった超省エネ仕様の木造住宅を

作っているスウェーデンを見ると、

 

もはや、住宅を現場で作っていません!

住宅は、工場で作っているのです!

 

スウェーデン製外壁ブロック

 

それが、第3の選択肢である

「外壁ブロック」工法です。

 

正確には、枠組壁工法なので、

ツーバイフォー工法とほぼ同じです。

 

スウェーデン製外壁ブロック

 

では、何が違うのか?というと、

工場で外壁に、窓やドアを取り付け、

断熱材を充填し、開口部の断熱・

気密処理も行なってしまう点です。

 

窓下の水切り材や外装材までも

取り付け可能です!

 

スウェーデン製外壁ブロック

 

工場で完成させた外壁は、長さが

4mから8mの「塊」である事から、

 

スウェーデンでは、この塊を、

「外壁ブロック」と呼んでいます。

 

「外壁ブロック」工法の特徴は、

これまで、限られた狭い場所で

天候の影響を受けてしまう現場に、

 

材料や部材を搬入し、施工していた

外壁周りの作業が、全て工場で完了

しているというところです。

 

スウェーデン製外壁ブロック スウェーデン製外壁ブロック

 

現場で躯体フレーミングのように

「外壁ブロック」を設置するだけで、

 

熟練した職人の技がない状態でも

精度が均一に保たれた高性能外壁を

実現することができます!

 

まさに、これは、超省エネ化による

木造住宅の技術革新であり、

事業体制が大きく変わっていくでしょう。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「外壁ブロック工法」詳しくはこちら

 

>「外壁ブロック工法に関するお問い合わせ

 

author:Akio Kanaida, category:スウェーデンの住宅, 09:00
comments(0), -, -
Comment