RSS | ATOM | SEARCH
#244 在来、ツーバイ、それとも・・・

外壁ブロック工法

 

Tjena! 

 

日本で木造住宅を建てる時、

大きく分けて2つの方法があります。

 

1つが在来工法で、

もう1つがツーバイフォー工法です。

 

元々は、在来工法が

日本の伝統的な構造形式で、

柱と梁、地震や風圧(水平力)に対し

筋交いで耐えるものです。

 

これに対し、ツーバイフォー工法は、

アメリカから入ってきた構造形式で、

枠材を組み合わせ柱や梁を形成し、

水平力に対し、合板(面材)で

耐えるものですね。

 

どちらの工法も、今では、

和風、洋風デザインを実現

できてしまうので、

 

洋風デザインを在来で・・・

和風デザインをツーバイで・・・

完成させてしまう時代です!

 

しかし、これからの時代、

どちらの工法も、進化の過程に

おいて新たな課題が出てきます。

 

その進化が、住宅の超省エネ化です。

 

例えば、在来工法の場合、

外壁の柱は、通常が105x105

大きくても120x120です。

 

外壁の厚みは120mmで、

充填できる断熱材は120mm厚。

 

住宅を超省エネ化するには、

これでは全く足りません。

 

外断熱や内断熱を付加して

断熱厚を増す必要があります。

 

技術的には十分可能ですが、

材料と手間がかかってしまうので、

施工の時間と費用が増します。

 

一方、ツーバイフォー工法は、

枠材が、38x14038x184mm

充填できる断熱材が、140mm厚、

184mm厚と選択できます。

 

しかも、これに外断熱や

内断熱を組み合わせていけば、

超省エネ仕様に十分な、かなりの

断熱厚が実現可能です!

 

この視点で考えると、

ツーバイフォー工法が

圧倒的に有利となります。

 

しかし、ここに開口部の

断熱・気密性能を加えると

新たな問題が出てきます。

 

超省エネ仕様の窓やドアは重厚で、

現場での取付や断熱・気密処理が

複雑で難しいのです・・・。

 

そこで登場するのが、第3の選択肢、

「外壁ブロック」工法です!

 

つづく。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「外壁ブロック工法」詳しくはこちら

 

>「外壁ブロック工法に関するお問い合わせ

 

author:Akio Kanaida, category:スウェーデンの住宅, 09:00
comments(0), -, -
Comment