RSS | ATOM | SEARCH
#239 スウェーデンのバルコニー

スウェーデンのバルコニー

 

Tjena! 

 

スウェーデンの住宅には、必ず

と言ってよいほど、バルコニーや

ウッドデッキが付いています。

 

それは、日本のように、

洗濯物干し・・・用ではなく、

ちょっとカフェをする場であったり、

食事をしたりする場だからです。

 

床のデッキ材は、厚さ28mm

幅が120mmのインプレ材

が使われています。

 

インプレ材とは、防腐防蟻処理を

施した材で、床が、緑がかった色を

しているのはこのためです。

 

デッキ材は、水はけを良くするため、

5mm程隙間をあけて並べます。

 

バルコニーやウッドデッキの

「印象」を左右するのが、

手すりのデザインですね。

 

機能的に仕上げるのであれば、

角材を組み合わせ完成!ですが、

スウェーデンの手すりは、

スタイリッシュなつくりです。

 

スウェーデン本国仕様住宅の

KarlsonHus(カールソンヒュース)に

標準装備されている手すりの

ディテールを見ると、各部材の造形の

細かさに驚かされます・・・。

 

スウェーデンのバルコニー

 

柱には140x140mmといった

重厚な集成材が使われています。

 

柱頭には、寄棟屋根のような

「帽子」が載っています。

もちろん、木製です。

 

手すりは、厚さ40mm

幅が110mmの角材ですが、

上部が丸みを帯びた加工のため、

雨水が両側へ流れる形状です!

 

しかも、その手すりを上下二段

・・・で使っているので、

エレガントな印象を受けます。

 

そして、感心してしまうのが、

手すり子の「留め方」です。

 

手すり子自体は、厚さ22mm

幅が120mmといった普通の

角材なものの、これを手すりの

下部に差し込んでいます・・・。

 

手すりの下部には、よく見ると、

22mm厚の板が入る「溝」の

レール加工がされているのです!

 

手すり子の下は、手すりと同じ

形状の材で挟んで固定されます。

 

一瞬で、「素敵なデザイン」と

感じさせるスウェーデンのバルコニー。

 

その理由がわかりましたね!

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

author:Akio Kanaida, category:スウェーデンの住宅, 09:00
comments(0), -, -
Comment