RSS | ATOM | SEARCH
#233 無垢フローリングの進化

パインの無垢フローリング

 

Tjena! 

 

スウェーデンでは、

その昔、無垢フローリングを

直接、床根太の上に敷いています。

 

そのため、強度的にも材は

厚いものが必要でした。

 

室内で靴を使用していたことから、

フローリングの表面は、当時、

汚れや傷が付きやすかったのです。

 

それでも、無垢フローリングは、

表面を数ミリ削り取ってしまえば、

新品の表面と生まれ変わります!

 

材が厚い程に、何度も削れるので、

例えば、30mm厚といったものが

重宝されていました。

 

パインの無垢フローリング

 

現在は、床根太に合板を張ってから、

フローリングを敷くので、

例えば、14mm厚といった

薄いものでも成立します。

 

無塗装が多かった昔に比べ、

現在は、仕上げも進化しています。

 

パインの無垢フローリング

 

素材そのものの質感で使いたい

場合はオイル仕上げです。

 

定期的にオイルの塗布が必要ですが、

最も木を身近に感じられます。

 

パインの無垢フローリング

 

無垢フローリングが良いけれど、

出来るだけメンテをしたくない・・・

場合は、ラッカー仕上げです。

 

表面に硬めのコーディングが施され、

汚れや傷が付き難くなります。

 

最近の塗装では、

オイル仕上げのような質感と、

ラッカー仕上げのような耐久性を兼ね備えた、

「ハードワックスオイル仕上げ」

まで誕生しました!

 

透明なナチュラルの他に、

ホワイトやブラウン、グレー、

ブラックといった色があるので、

インテリアに合わせ選択できます。

 

パインの無垢フローリング

 

ホワイトでも、木目が見える薄い

白がコーディングされたものや、

 

何十年と使い続けたような、

表面に凹凸を施したアンティーク調の

仕上げなど、同じパイン材とは

思えないフローリングです。

 

パイン材のフローリングは、

インテリアの表現に欠かせない

アイテムにまで進化しています!

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「無垢フローリング」の写真をもっと見る

 

>「スウェーデンのフローリング」詳しくはこちら

 

 

author:Akio Kanaida, category:フローリング, 09:00
comments(0), -, -
Comment