RSS | ATOM | SEARCH
#229 スウェーデンの断熱リノベーション

パッシブハウス

 

Tjena! 

 

スウェーデン本国仕様住宅に

使われている断熱材(ロックウール)の

プレゼンをまとめていたら、興味深い

資料があったので、ご紹介します。

 

スウェーデンの断熱リノベーションで、

断熱性能の「ビフォー・アフター」、

その仕様と消費・損失量の比較です。

 

Ref. Paroc Konstruktion&Passivhus

 

ビフォーの住宅モデルはというと、

1970年代のオイルショック以前、

つまり、築40年以上の家です。

 

断熱リノベーション

 

まず、驚いたのが、その仕様です。

外壁の断熱材:95mm

屋根天井の断熱材:100mm

木製窓:2層ガラス

 

???

これって、今の日本で、高断熱住宅と

呼ばれている仕様と変わりませんね?

 

ちなみに、この家で、

1年間の消費エネルギーが、35,000 kWh

その内、住宅の外皮(境界構造)からの

エネルギー損失が、23,500 kWhです。

 

その値は、置いといて、続いて

アフターの住宅モデルは、「現在」で、

この資料では、断熱リノベーションをした

場合の仕様が以下となります。

 

断熱リノベーション

 

外壁の断熱材:240mm厚(3層の断熱層)

屋根天井の断熱材:400mm

木製窓:3層断熱ガラス

 

???

さらに驚きですね!

これって、日本でいう、パッシブハウス

に近い仕様ではないでしょうか?

 

この結果、

1年間の消費エネルギーが、15,000 kWh

・・・マイナス20,000 kWh

 

その内、住宅の外皮(境界構造)からの

エネルギー損失が、7,500 kWh

・・・マイナス16,000 kWh

 

実に、莫大なる省エネ効果です!

 

 

ちなみに、こんな資料もありました・・・。

パッシブハウスの外壁の断熱構成です。

 

外壁の断熱材:505mm厚(4層の断熱層)

外壁の熱貫流率:U=0.080 w/m2k

 

パッシブハウスの外壁仕様

 

外断熱:45mm厚(d2

主体構造:195mm厚(d1

内断熱:195mm厚(d3

気密シート

内断熱-270mm厚(d4

 

こんな4層の断熱構成です。この仕様は、

日本で、何と呼べば良いのでしょうか・・・?

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

 

author:Akio Kanaida, category:断熱材, 09:00
comments(0), -, -
Comment