RSS | ATOM | SEARCH
#225 階段のスタイル

階段のスタイル

 

 

Tjena!

 

曲線の美しいスウェーデンの

木製デザイン階段は、オーダーメイドで、

一つひとつががオリジナルです。

 

というのは、階段ホールの

サイズに合わせて、形状、スタイル、

樹種と塗装、各パーツを選んでいくので

同じ階段にはならないのです。

 

施工事例を見れば見る程に、

一体どんなデザインにすればよいか?

みんな悩んでしまいます。

 

そこで、スウェーデン階段の

基本スタイルをご紹介します。

 

スタイルの基本は6つあって、

実際には、これらのスタイルを

組み合わせる事も可能です。

 

よく使われるのが、

Tradition(トラディション)と

Stepped Tred(ステップ・トレッド)です。

 

階段のスタイル 階段のスタイル

 

Traditionは、伝統的なスタイルです。

踏板をささら桁(側板)に差し込む

タイプで、ささら桁の曲線美を

最も強調させることができます。

 

Stepped Tredは、モダンスタイルで、

踏板をささら桁の上に載せるタイプです。

踏板が強調されたデザインです。

 

続いて、最近の主流が、

Spirit(スピリット)と

WF(ダブリュー・エフ)です。

 

階段のスタイル 階段のスタイル

 

Spiritは、Stepped Tredと同様に

踏板をささら桁の上に載せますが、

ささら桁が中央に配置されます。

 

階段は、どうしても背面からの

見た目が退屈になりがちですが、

Spiritは、ささら桁の織り成す

立体が美しい構造デザインです!

 

そして、WF

これは何度かご紹介していますが、

踏板を手すりが吊っているタイプです。

 

このデザインも圧巻ながら、

スウェーデンでの事例を見ると、

その配色が見事です。

 

例えば、白い壁と同色のホワイトで

階段パーツを仕上げます。ただ、

唯一、踏板だけブラック塗装します。

 

すると、どうでしょう・・・?

 

白い空間に、黒い踏板が浮遊している

インテリアとなるのです!

なんとも想像力が豊かですね。

 

最後に、New Age(ニュー・エイジ)

Minima(ミニマ)です。

 

階段のスタイル 階段のスタイル

 

New Ageは、Traditionの派生で、

ささら桁が階段状で、家具のような

スタイルです。

 

Minimaは、ロフト用階段など、

コンパクト・スタイルです。

 

ただ小さくするだけでなく、

機能性を満たしながら、デザインも

スタイリッシュにまとめ上げる。

 

これがスウェーデン・スタイルです!

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデンの階段」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

 

author:Akio Kanaida, category:木製デザイン階段, 09:00
comments(0), -, -
Comment