RSS | ATOM | SEARCH
#221 次世代型の木製窓

外側アルミの木製窓

 

Tjena! 

 

木製窓を使うと、室内のインテリアが

ぐっと変わり、温もりが感じられますね。

 

日本の住宅が、どことなく無機質に

感じてしまう要因の一つが、アルミ製や

樹脂製といった窓の素材にあります。

 

茶色く塗ったり、木目模様をプリント

しても人間の本能が、どこか違和感を

感じてしまうからでしょう・・・。

 

木製窓は、傷みやすく湿気に弱いため、

耐久性がないのでは?と思われがちですが、

実は、何十年と使うことが可能です。

 

木製窓の室内側は、ラッカー仕上げや

ステイン塗装仕上げが施されます。

 

この状態で、何もせず、20年使っても、

室内側木部は、アメ色に変化するものの、

劣化がほとんどありません。

 

驚きですね!

 

これに対し、窓の外側は、

使い始めて数年で劣化が始まります・・・。

 

特に酷いのは、窓ガラスの下部です。

ここは、日射による紫外線と、雨の後、

水分が残りやすい部分だからです。

 

木製窓の外側は、室内側と違って、

防腐処理や外装用塗料で保護されますが、

やはり、数年毎に再塗装をかけないと、

とんでもない事になってしまいます。

 

それでは、木製窓が主流のスウェーデンは

どうなっているのか?・・・というと、

 

実は、最新型の窓では、木製窓の外側が

アルミ材で「被覆」されているのです!

 

外側アルミの木製窓

 

窓の外側に、そのまま貼られるのではなく、

10mm程隙間を開け、アルミ材が取り付きます。

 

外側アルミの木製窓

 

窓工場を見学したら、まずアルミ製クリップを

木製窓の外側に取り付け、そこにアルミ材を

「はめ込む」構造で作製されていました。

 

この取付方法であれば、交換も可能ですね!

 

外側アルミの木製窓

 

しかしながら、最も感心すべき所は、

この10mm程の隙間です。

 

いわゆるこれが、外壁の通気層と同じ理論で、

アルミ材と木材間の湿気や熱を、自然対流で

外へ放出している仕組みです。

 

外側アルミの木製窓

 

その結果、木製窓の外側が劣化や腐食する事なく、

表面のアルミ材が、雨や紫外線をシャットアウト。

 

これをほとんどノーメンテで実現させています!

 

ちなみに、外側アルミ被覆の木製窓は、

スウェーデンの窓工場では、50年以上の耐用年数が

想定されて、生産されています。

 

木製窓はスウェーデンで、住宅のみならず、学校や病院、

デパートやホテル、オフィスビルにも使われているので、

やはり日本と次元が違うのですね・・・。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「外側アルミ2+1=3層ガラス木製窓」詳しくはこちら

 

>「外側アルミ2+1=3層ガラス木製窓」の写真をもっと見る

 

 

author:Akio Kanaida, category:3層ガラス木製窓, 09:00
comments(0), -, -
Comment