RSS | ATOM | SEARCH
#218 安心して開放できる窓

ドレーキップの窓

 

Tjena! 

 

前回は、スウェーデンから直輸入している

窓の開閉方式は、一つの窓で内開きと内倒し、

二つの開閉ができる「ドレーキップ」!

とお話しました。そして、その理由が、

 

「安心して窓を開放しておける」

 

ことでしたね。

 

高気密・高断熱住宅でも、春や秋など、

外が快適な時には、積極的に窓を開けて

自然通気をします。それが「省エネ」です。

 

しかしながら、日本の引き違い窓にしろ、

気密の取れる外開き、内開き、トップターン

でさえも、開放はしておけますが、

決して「安心」とは言えないのです。

 

例えば、1階の窓を開けたまま、

2階に居たらどうでしょう・・・?

 

不審者が入ってくるかもしれませんね。

 

窓を開けたまま、外で庭作業をしたり、

ちょっとだけ近所に出かけたら・・・?

 

突然雨が降ってきて、室内に雨水が

吹き込んでしまうかもしれませんね。

 

ここでいう「安心」とは、窓を開けたままでも、

不審者や雨水の侵入リスクが低いという事です。

 

こうなると、引き違いはもちろんNG

気密の取れる外開きや内開きもNG

トップターンも防犯上でNGです・・・。

 

これに対し「内倒し」は、換気(自然通気)

させたまま、外部からハンドルを操作して

窓を開けることは、ほぼ不可能です。

 

多少の雨であっても、雨水が室内に

吹き込むこともありません。

 

ドレーキップの窓 ドレーキップの窓

 

では、もう一つの「内開き」は、

いつ使うのか?・・・というと、

 

窓を掃除する時です!

 

これが意外と重要で、例えば、

2階の窓ガラスの外側など、やってみると

簡単に拭けるものではありませんね・・・。

 

内開きであれば、2階でも室内から

安全にゆっくりと丁寧に拭ける訳です。

窓のメンテナンス作業も楽になります。

 

1. 気密が確保できること

2. 安心して開放できること

3. 安全に窓の掃除ができること

 

こういった要素が省エネ住宅には必要です。

 

ドレーキップ・・・。馴染みのない窓ですが、

省エネ住宅のスタンダードになるでしょう!

 

∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「外側アルミ2+1=3層ガラス木製窓」詳しくはこちら

  ⇒ http://mala-gruppen.com/fonster/2+1.html

 

>「外側アルミ2+1=3層ガラス木製窓」の写真をもっと見る

   http://mala-gruppen.com/galleri/fonster.html

 

 

author:Akio Kanaida, category:2+1=3層ガラス木製窓, 09:00
comments(0), -, -
Comment