RSS | ATOM | SEARCH
#213 「Hand-made」の玄関ドア

玄関ドアの工場

 

Tjena!

 

スウェーデンの玄関ドアは木製です。

 

工場を覗いてみると、

近代的な機械や設備を使いながらも、

建材を造り上げる工程の大部分が

手作業であり時間と手間をかけています。

 

玄関ドアの基本構造は同じでも、

一つひとつの仕上がりは違うのです。


製作工程のほとんどが職人の手作業で

行われる玄関ドアは、まさに、

Hand-made」と呼べるでしょう!

 

・・・というのも、

玄関ドアメーカーの起源は、

なんと1935年。

ロウソク立てを作る木工所から始まり
キッチンや階段、家具、そして
窓やドアを作る木工房でした。

1970年代、多くの建材メーカーが、
質から量へとシフトした時代に、
質を追求した玄関ドアだけに専念する
ことを決意します。

今や、デザインと性能、品質で
スウェーデンを代表する玄関ドアの
専門メーカーとなっています。

 

ですから、同じ木製の玄関ドアでも、

その仕立てが全く違うのです!

 

玄関ドアの工場 玄関ドアの工場

 

例えば、ドア扉内部にレバーハンドルと

旋錠用の金具を取り付けますが、手で

金具を入れ込み、ビス留めを行います。

 

採光のある玄関ドアには、

デザインに合わせ開口が開けられ、

そこに3層ガラスユニットをはめ込み、

チーク材の額縁を取り付けていきます。

 

玄関ドアの工場

 

塗装後は、特殊なライトに当てながら

細部の仕上げをチェックします。そこでは、

手作業でバリを取り除いているのです。

 

ドアの塗装は、複数色の組み合わせ可能ですが、

何百色とある色から選択されるので、

工場ではまず、その色をつくってから、

細部を手作業で丁寧に塗っています。

 

玄関ドアの工場

 

白と赤色で玄関ドアを塗り分ける場合など、

職人が、マスキングテープを使って、

慎重に仕上げていました・・・。

 

玄関ドアの気密ゴムは、枠ではなく、

扉の外周に取り付けられます。

 

玄関ドアの工場

 

こうすることで、靴で踏んで気密ゴムを

傷める心配がないからです。この取り付けも

一つひとつ手作業で行われます。

 

∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデンの玄関ドア」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの玄関ドア」のフルラインナップ

 

 

author:Akio Kanaida, category:木製玄関ドア, 09:00
comments(0), -, -
Comment