RSS | ATOM | SEARCH
#206 スウェーデン住宅の組立

スウェーデン住宅の組立

 

Tjena!

 

スウェーデン本国仕様住宅は、

工場で作り上げた「壁ブロック」、

その他の部材と建材一式といった形で

スウェーデンでコンテナに積載され、

日本の建築現場へと直送されます。

 

現場では、だいたい以下の段取りで

組立が進むスケジュールです。

 

1日目:1F床根太組

プレカットされた床根太を組み、

構造用合板で床枠組を完成させます。

 

2日目:1F外壁&内壁

外壁ブロックを順に設置して行きます。

壁ブロックと床枠組を緊結します。

続いて、内壁ブロック(耐力壁)と

床梁を設置し緊結して行きます。

 

スウェーデン住宅の組立

 

3日目:2F床根太組

プレカットされた床根太を組み、

構造用合板で床枠組を完成させます。

 

4日目:2F外壁&内壁

外壁ブロックを順に設置して行きます。

壁ブロックと床枠組を緊結します。

続いて、内壁ブロック(耐力壁)と

屋根梁を設置し緊結して行きます。

 

5日目:屋根小屋組

プレカットされた垂木を組み、

構造用合板で屋根小屋組を完成させ、

防水シートを張ります。

 

このような流れで住宅が組み立てられます。

 

スウェーデン住宅の組立

 

スウェーデン本国仕様住宅のすごい所は、

この時点で、窓やドアが取り付いており、

断熱材も充填済み。合板や外装材、造作材、

水切り材の防水処理から気密処理までの

作業も完了している・・・という事です!

 

最も時間を要し、面倒な外壁の作業も

現場の天候に左右される事なく、

スウェーデンの住宅製作工場の、あの快適な

作業環境ですでに施工済みなのです。

 

重厚な木製玄関ドア、3層ガラスの木製窓や

木製テラスドア、厚い断熱材に、外装材の

取り付いた分厚く長い外壁ブロックは、

相当な重量になります・・・。

 

スウェーデン住宅の組立 スウェーデン住宅の組立

 

しかし、クレーンを使って外壁ブロックを

吊ってしまい、所定位置へと移動するので

大工さんが重労働する必要はありません!

 

外壁ブロックの継ぎ目も、例えば外側は、

防水透湿シートを重ねて処理し、通気桟や

水切り材を取り付け、外装材で覆うため、

最終的に継ぎ目もわからなくなります!

 

スウェーデン住宅の組立

 

スウェーデン本国仕様の住宅は、このような

外壁ブロック方式による、とても合理的な

施工方法だ・・・と感心させられます。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

 

author:Akio Kanaida, category:スウェーデンの住宅, 09:00
comments(0), -, -
Comment