RSS | ATOM | SEARCH
#199 「外壁ブロック」として取り入れる

スウェーデン住宅の施工

 

Tjena!

 

今回は、スウェーデン本国仕様住宅、KarlsonHus

(カールソン・ヒュース)を参考に、今後の

日本での住宅づくりを考察してみます!

 

スウェーデンの住宅は、基本、

住宅製作工場で外壁ブロックが作られます。

 

窓やドア、断熱材から外装材まで取り付いた

外壁ブロックは、住宅の形状によりますが、

長いもので、810mにもなります。

 

外壁ブロックの重量は、100kg/m

目安となっているので、重いものでは、

800kg1,000kg1トン)です!

 

当然、外壁の仕様によって異なります。

 

外壁の厚みが増せば、重くなりますし、

日本仕様など、厚めの構造用合板を張った

外壁では、さらに重くなります・・・。

 

スウェーデン住宅の施工

 

また、窓やドアでも左右されます。

 

通常の木製断熱玄関ドア(10x21*)は、

単体で90kg程度、3層ガラス木製窓

8x13)は40kg程度、同じ構造で

テラスドア(8x21)は、70kg程度です。

 

*10x21:幅x高さで、10=1m, 21=2.1m

 

テラスドアも両開きになれば、150kg

さらに3層ガラスの大型スライドドア

26x24)は、300kg超となります!

 

スウェーデン住宅の施工

 

ただし、これだけ重くなっても、

工場では、外壁ブッロクを作製する専用の

作業台やクレーンが装備されているので

全く問題はありません。

 

トラックやコンテナへの積み込みも、

フォークリフトを使えば、問題なし!

 

そして現場では、クレーン車を使って

外壁ブロックを吊り上げ、所定位置に

置いて行くので、重量作業もないのです。

 

外壁ブロックは、輸送と積込・荷下ろしが

可能な範囲で長い程に「良し」とされます。

 

スウェーデン住宅の施工

 

可能な限り工場で作ってしまう方が、

無駄が少なく、高い精度も保てるからです。

現場での施工時間も大幅に短縮されます!

 

ちなみに、外壁ブロック以外の部材、

例えば、根太材や屋根のトラス材などは、

予め所定の長さにプレカットされた

状態で現場へ搬入されています。

 

スウェーデン住宅の施工

 

こうして考えると、スウェーデンレベルの

断熱性能をもつ住宅を日本で創造する時、

 

スウェーデンの木製窓や断熱材等を

日本の住宅に個々に取り付ける・・・

 

といった手法よりも、スウェーデンで

「外壁ブロック」として作製してしまい、

それを組み込んで行く・・・

 

といった手法の方が、効果的で、

最も合理的と言えるかもしれません。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

 

author:Akio Kanaida, category:スウェーデンの住宅, 09:00
comments(0), -, -
Comment