RSS | ATOM | SEARCH
#197 スウェーデン住宅の外壁は二重構造

二重構造の外壁-スウェーデン

 

Tjena!

 

住宅の省エネ性能を上げるには、

断熱性能を上げる必要があります。

 

特に外壁は重要で、断熱をどの程度、

どのように取るか難しい箇所です。

 

例えば、スウェーデン住宅では、

外壁の枠組材に、45x145mm

45x195mmといった断面を使います。

 

外壁の構造は、日本でいうツーバイ工法

(枠組壁工法)で、枠組材が構造と同時に

断熱材を内部に充填できる仕組みです。

 

45x145mmであれば、145mm厚の、

45x195mmであれば、195mm厚の

断熱材をそれぞれ入れられます。

 

ツーバイ工法では、この枠組材に、

構造用合板などの面材を組み合わせると

地震に強い構造になりますね。

 

構造と断熱、両方に強く、まさに

合理的な構造形式と言えるでしょう!

 

これに対し、日本の在来工法では、

主体構造の柱は、105x105mm

120x120mmで、筋交いとの組み合わせで

地震に強い構造となっています。

 

しかし、断熱材を充填する事を考えると、

105mm厚や120mm厚が限界です・・・。

 

そこで、どうするか?・・・というと、

 

この主体構造の内側と外側に横桟を

打って、断熱材を充填します。

 

45x45mmの横桟を使えば、断熱材の

合計は、105+45x2=195mm厚にできます!

 

二重構造の外壁-日本

 

そして、ここが重要なポイントですが、

気密シート(気密層)は、室内側ではなく、

主体構造(105mm)の内側に取ります。

 

こうする事で、室内側に必要な配線や

配管の施工で、気密シートに穴を開ける

必要がなくなる・・・というわけです。

 

実はこれ、スウェーデンの外壁構造と

同じで、スウェーデンの場合、例えば、

45x195mmの枠組材の室内側に、

45mmの断熱を取った二重構造です!

 

二重構造の外壁-スウェーデン

 

断熱材の合計は、195+45=240mm厚。

 

気密シート(気密層)は、195mm

45mmの間に張られ、45mm厚の

スペースは配線・配管用です。

 

最近では、外側にも、45mm厚や

70mm厚の外断熱を付加する事で、

超省エネ住宅が構築されています。

 

日本の在来工法も近い将来、こういった

構造形式になって行くのでしょうね。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの断熱材」お問い合わせはこちら

 

 

author:Akio Kanaida, category:スウェーデンの住宅, 09:00
comments(0), -, -
Comment