RSS | ATOM | SEARCH
#195 スウェーデン窓を在来工法へ取付

在来+スウェーデン窓

 

 

Tjena!

 

スウェーデン窓は、3層ガラスの木製ですが、

 

日本の住宅に取り付けられますか?

 

とよく聞かれます。こだわりの木の家を

建てるものの、樹脂サッシは使いたくない

・・・という方は実に多いのです。

 

答えは「Yes」。

 

住宅の構造がツーバイ工法であれば、

スウェーデンと同じように取り付きますし、

在来工法でもいくつかの原則に従えば、

問題なく取り付けられます!

 

日本の樹脂サッシとの大きな違いは、

「窓枠に調整機能がある」

という事でしょう・・・。

 

日本の樹脂サッシは、外壁の開口部へ

直接取り付け、完全固定されますが、

スウェーデンの木製窓は、10mm程の

クリアランスを周囲に挟んで、まるで、

宙に浮いたような形で取り付けられます。

 

実際の取り付け事例を見てみましょう。

 

スウェーデン窓の取付-在来

 

これは、北海道に建設される在来工法の家です。

 

主体構造は、105x105mmの柱ですが、

内側と外側に45mmの断熱を付加した外壁で、

内部充填と合わせ、合計195mm厚の断熱です!

 

窓枠には「Karmhylsa」(カルムヒルサ)と

呼ばれる取付調整金具があって、六角レンチで

回すと、その出っ張り長さが変わり、窓枠の

鉛直と水平を調整できる仕組みです。

 

10mmのクリアランスは、この調整のため、

つまり、窓枠を動かすために必要な空間・・・

というわけですね!

 

調整後は、専用の固定スクリューで、

壁に固定します。在来工法であれば、

主体構造の柱105mmに固定できる範囲内なら

窓の位置は自由に設定可能です。

 

窓周りのクリアランスは、断熱材を充填し、

室内側には必ず気密処理を行います。

 

ブラインド内蔵型の2+1=3層ガラス木製窓では、

木製窓の表面を覆うアルミ被覆の内側から、

通気が外へ抜けるよう、窓上部を処理します。

 

スウェーデン窓の取付-在来

 

これは、主に夏場、内蔵のブラインドが遮った

日射熱を効率よく外へ逃がすためです!

 

外へ排出された空気分は、窓下部から、

ブラインドが内蔵されている2+1=3層ガラス

の間に自然と流入してくる仕組みです。

 

スウェーデン窓の取付-在来

 

スウェーデンの木製窓は、その取付方法が、

日本の樹脂サッシと比べ、特殊で面倒です。

 

しかし、それは、何十年と使っていくのに

必要な知恵と工夫でもあるのです・・・。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「外側アルミ2+1=3層ガラス木製窓」詳しくはこちら

 

>「外側アルミ2+1=3層ガラス木製窓」の写真をもっと見る

 

 

author:Akio Kanaida, category:2+1=3層ガラス木製窓, 09:00
comments(0), -, -
Comment