RSS | ATOM | SEARCH
#250 遮熱用オーニング

独立型オーニング

 

Tjena! 

 

寒さの厳しいスウェーデンでも、

夏は明るく快適です。

 

気温が30℃になる日があっても、

湿度が低いので、木陰に入れば

とても居心地がいいのです!

 

したがって、オープンテラスの

カフェやレストランも多く、

みんな外でよく食事を取ります。

 

そんな文化を支えているのが、

「オーニング」です。

 

オーニングは、強い日差しを

遮ってくれるだけでなく、

多少の雨も防いでくれます。

 

最近では、雨や風を感知する

センサー付で、雨が降り出すと、

オーニングが自動で開き、風が強いと

自動で閉じる仕組みです・・・。

 

テラス用オーニング

 

オーニングは、一般住宅でも

たくさん使われています。

 

3層ガラスの木製窓は、

冬の断熱性に最適ですが、

夏の太陽の日射(日射熱)は、

透過させてしまいます。

 

過剰な日射は、室内を

オーバーヒートさせてしまうので、

日射熱対策としてオーニングを

使っているのです。

 

窓用オーニング

 

スウェーデン住宅の外観デザイン

といえば、オーニングが必ず入るのは、

こんな背景があるからです。

 

モーラで日本へ導入している

窓とテラスドアは、ブラインド内蔵の

外側アルミ2+1=3層ガラスです。

 

ガラス間に内蔵されたブラインドが

夏場の日射熱を遮熱できるので、

オーニングは不要です!

 

しかし、フィックス窓や

トップターン式の窓、そして

スライドドア(へーベシーべ)の

組み合わせを希望する方もいます。

 

残念ながら、これらは

ブラインド内蔵型がないので、

南や西面に、夏の遮熱対策として

オーニングを勧めています。

 

鉛直式オーニング

 

現在では、スウェーデンの

オーニング専門メーカーの協力を得て、

窓やテラス用のみならず、

鉛直スライドタイプや、5mも張り出せる

オーニングもデリバリー可能です。

 

テラス用オーニング

 

夏場の冷房費の節約ができて、

新たな住空間の創出もできるオーニング。

 

上手に取り入れて行きたいですね。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

>「オーニング」に関するお問い合わせ

 

author:Akio Kanaida, category:オーニング, 09:00
comments(0), -, -
#016 日射熱を防ぐオーニング
日射熱を防ぐオーニング

Tjena!

スウェーデン仕様の断熱・気密性の高い住宅とした場合、
冬場における、室内の凍えるような寒さや不快な結露を
取り除くことは、至って簡単です。
日本ではそれよりも夏場の日射熱対策の方が気を使います。

断熱・気密性の高い住宅というのは、外と室内との
熱の移動を鈍くするので、保温性、保冷性が高くなります。

寒い冬であれば、暖房設備や日射熱が室内を暖め、
その状態で保温することだけを考えればいいのですが、
暑い夏の場合、冷房設備が室内を涼しくしても、
窓からの日射熱が多いと、室内の温度は上昇してしまい、
保冷ではなく、その状態で保温となってしまいます。

日本の高断熱・高気密住宅と呼ばれる住宅では、
この状態が頻繁に起こってしまったため、
寒い国のスウェーデン住宅は、暑い国の日本ではダメだ!
と思われているようです。

しかし、「住宅の断熱」というのは、何か暖かい毛布をかぶる・・・
といったものでなく、「熱の移動を鈍くするものである」と
正しく理解されていれば、その原因と対策は明快です。
窓からの日射熱を遮ってあげれば、室内での発生熱がなくなり、
室内を涼しい状態で保冷できる・・・というわけですね。

長い庇や「よしず」、緑のカーテン等、遮熱対策として有効です。
スウェーデンでは、「オーニング」によって日射熱の侵入を防ぐ
事が一般的で、デザインの高いオーニングが取り揃っています。

>スウェーデンのオーニングに関するお問合せはこちら
続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:オーニング, 09:00
comments(0), -, -