RSS | ATOM | SEARCH
#202 「イングランドxスウェーデン」

イングランド古民家xスウェーデン

 

Tjena!

 

「イングランドxスウェーデン」!

 

これ、サッカーの対戦ではありません。

住宅のコラボの話です・・・。

 

イングランド古民家風デザインの住宅に、

スウェーデンレベルの断熱性能を取り入れた、

そんな住宅が栃木県の那須に建ちました。

 

というか、現在進行形で、今もなお、

作り続けています。夫婦でデザインを考え、

細かなディテールにこだわり、なんと、

自らも施工に参加されているのです!

 

先日、現場を覗きに行ったら、ご主人が

フローリングを張り、奥様が洗面の

タイルを張っていました・・・。

 

ここでの私の役割は、スウェーデン建材を

このデザインに溶け込ませつつ、断熱性能を

スウェーデン住宅まで上げることです。

 

躯体は、ツーバイフォー工法で、

これまで数多くの輸入住宅を手がけた

建設会社様が担当でしたので、外壁や

屋根、床の断熱は申し分ありません。

 

そこで、熱損失の最も多い開口部には、

外側アルミ2+1=3層ガラス木製窓を採用、

熱貫流率は、U=0.9 w/m2kです。

 

イングランド古民家xスウェーデン

 

白い外壁に合わせ、外側のアルミ部分は、

ホワイト。室内側のパイン材部分は、

ホワイトステイン仕上げといって、

木目の見えるホワイト仕上げとしました。

 

2階北側の窓だけには、十字格子の窓桟を付け、

クラシック調な印象でアクセントを与えます。

 

イングランド古民家xスウェーデン

 

窓はすべてブラインド内蔵なので、

夏場の日射熱対策もバッチリです!

 

大空間の2階は大屋根で、3つの大きな

天窓があります。このトップライトによって、

内部は、とても明るい空間です。

 

イングランド古民家xスウェーデン

 

もちろん天窓も北欧製の超断熱窓。

日本の一般的な天窓に比べ、圧倒的な断熱性能

(低い熱貫流率)が特徴です!

 

イングランド古民家xスウェーデン

 

窓や天窓、テラスドアはすべて木製です。

でも、外側がアルミで被覆されているので

メンテナンス・フリーで行けます。

 

イングランド古民家xスウェーデン

 

換気は、熱交換型換気システムが使われ、

これで、燃費の良い住宅の完成です!

 

この住宅には、薪ストーブも装備されて

いるため、普段の暖房はもちろん、

災害時の停電でも、暖をとる事ができます。

 

暖炉のあるイングランド古民家風住宅は、

スウェーデンの建材と断熱性能によって

最新型の超省エネ住宅でもあるのです。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:モデルハウス, 09:00
comments(0), -, -
#110 超断熱・体感型モデルハウス
モデルハウス-小町造り

Tjena!
 
超断熱仕様の体感型モデルハウス、「komachi」が
ついにオープンしますので、ご紹介したいと思います。
この新しい試みは、今後の日本の住宅づくりに
大きな影響を与えることになるでしょう!
 
この住宅は、日本の在来工法を基本としていますが、
スウェーデンの無暖房住宅のノウハウや建材を
取り入れた次世代型の住宅となっています。
 
外壁には、210mmの断熱材(セルロースファイバー)
を充填し、天井の断熱厚は、300mmです。これに、
スウェーデン製の3層ガラス木製窓(U=0.9w/m2k)と
木製断熱ドア(U=0.85w/m2k)を組み合わせた仕様です。
 
省エネ住宅を手掛けている方であれば、ここまでは
経験値のある仕様ですが、この住宅の新しい試みとは、
完全な「和」のデザインでこの仕様を実現した事です!
 
この「和」のデザインは、“小町造り”といって、
小野小町の美しさを彷彿させる、和の風情を
醸し出すデザインといった意味合いがあります。

モデルハウス-小町造り
 
最近の住宅で、ほとんど見かけなくなってしまった、
懐の深い庇、面格子や軒天などに使われる天然木、
そして、外装に使用している素材を内装にも使用した
内と外との連続的な空間・・・。
 
私たち日本人が、居心地の良さを感じる・・・
どこか落ち着く和の佇まい・・・。そんな
「和」のデザインを崩さないように、
「スウェーデン」の建材が組み込まれています。
 
例えば、ブラインド内蔵の外側アルミ2+1=3層ガラス
木製窓も、インテリアのトーンに合わせ、塗装を
ダークブラウンで仕上げています。外側のアルミも、
色番号指定で、この色に合わせました。

モデルハウス-小町造り モデルハウス-小町造り
 
ガラス間に内蔵されるブラインドも、ダークブラウン
と設計者より依頼がありましたが、色が濃いと、
夏場などブラインドを閉めた(下ろした)際に
日射熱を吸収し、異常な高温になるリスクが高まる
ために、薄めのライトブラウン色とした次第です。
 
玄関ドアは、チーク材仕上げ、メタル製のストライプ
が入ったタイプで、面格子のデザインと合わせています。
チーク材は、オイル仕上げで、天然木の風合いを
感じられるものが選ばれました。
 
モデルハウス-小町造り モデルハウス-小町造り

内と外との連続的な空間に不可欠な、大きなガラス戸は、
気密の取れる「ヘーベシーベ」タイプです。
扉は閉まった後、内側へ圧接され、気密が確保される・・・
といった構造となっています。ガラスはもちろん、
3層ガラス。外側に網戸(木製引戸)が装備されています。
 
木製窓の枠は、115mm(又は105mm)もの厚みが
ありますが、210mmの断熱材が充填された外壁では、
それでもなお、窓周りに深い奥行きが出ています。
 
モデルハウス-小町造り

パイン無垢パネルも、スウェーデンでダークブラウン
色に塗装したものを、天井や壁、軒天に使っています。
縦の継ぎ目がないように・・・と配置されたパネルも
設計者のディテールへのこだわりです!
 
この住宅を体感すると、「和」のデザインに圧倒され、
「スウェーデン」の建材は、その中に溶け込んでおり、
その存在を感じません。しかし、明らかにこれまでにない
「和」のデザインを感じるのは事実で、これから訪れる
暑い夏や寒い冬に対して、超断熱の威力が発揮される事は、
これまでの経験値からも確かな事実であります。
 
わずか19坪の小さな平屋ですが、戦後の日本が、
失ってしまった「本物の住宅づくり」が、今ここで、
新たな形として再現された感動を覚えました・・・。
 
  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞
 
* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。
 
スウェーデンの建材詳しくはこちら

スウェーデンの建材に関するお問い合わせ
 
author:Akio Kanaida, category:モデルハウス, 09:00
comments(0), -, -
#005 Fukasawa Hus
赤城のモデルハウス
 
Tjena!

群馬県前橋市にある深沢組という住宅会社は、地元群馬県産材を使った
地震に強い在来工法(耐震等級3&制震構造)の家に、
住宅先進国スウェーデンの哲学と建材、テクノロジーを取り入れた
住宅づくりに取り組んでいます。

その名も“Fukasawa Hus(深沢ヒュース)”!
“Hus”はスウェーデン語で、“家”といった意味です。

“Fukasawa Hus”では、日本の一般的なレベルよりも住宅の断熱を強化し、
窓はすべてスウェーデン本国仕様の3層ガラス木製窓、玄関ドアも
3層ガラスの木製断熱ドアを使用しています。

特に窓は、日本には、まだほとんど入ってきていない、
「ブラインド内蔵型の外側アルミ2+1=3層ガラス木製窓」といった
スウェーデン本国でもトップレベルを誇る窓を採用する徹底ぶりです。

内蔵されたブラインドは、カーテン代わりになるだけでなく、
夏場の日射熱も効率的に遮るため、断熱性能だけでなく、
遮熱性能にも優れた窓です。つまり、冬の暖かさに加え、夏も涼しくする
こともきちんと考えているというわけですね。
気密性も高いので、“群馬のからっ風”も問題なし!・・・です。

この他、スウェーデン本国仕様の階段や室内ドア、フローリング、造作材、
ルーフィング、雨樋、暖炉(薪ストーブ)も採用するなど、“Fukasawa Hus”は、
スウェーデン本国レベルに相当する住空間も実現した世界基準の住まいです。

“Fukasawa Hus”の興味深い点は、在来工法をベースとしているため、
住宅デザインは洋風だけでなく、和風デザインも可能だということです。
例えば、和風住宅だけど、断熱性能はスウェーデンレベル!
なんてこともできるわけですね。

>“Fukasawa Hus”についてはこちら

2014年3月より、Fukasawa Hus”のモデルハウスが一般公開されます。
見学は予約制となっておりますので、ご注意下さい。
続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:モデルハウス, 09:00
comments(0), -, -