RSS | ATOM | SEARCH
#261 必ず欲しい家事室

スウェーデンの家事室

 

Tjena! 

 

スウェーデン住宅の設計において、

必ずあるのが「家事室」です。

 

実際にスウェーデンで生活をして、

本当に機能的で便利な空間でした。

 

どうして日本の住宅には、

家事室がないのだろう?

 

・・・と不思議に思います。

家事室の役割は、大きく3つあります。

 

1つ目が、家事を行うため部屋です。

家事室は、スウェーデン語で、

Kladvard」。直訳すると、

「衣類を取り扱う場所」との意味です。

 

従って、この部屋には、洗濯機、

乾燥機、流し台がレイアウトされます。

衣類収納やカウンターも必要なので、

ミニキッチンのようでもあります。

 

ちなみに、家事室のキャビネットや扉は、

キッチンメーカーが作っています。

 

「これは凄いな!」と思ったのが、

収納型のアイロン台で、引き出しから、

なんと、アイロン台が現れるのです!

 

引出式アイロン台

 

この他、掃除機やお掃除セットを

収納できるキャビネットもあります。

 

掃除用キャビネット 掃除用キャビネット

 

2つ目の役割が、勝手口です。

スウェーデンでは、意外と玄関を使わず、

勝手口を普段利用しています。

 

それもそのはず、勝手口は、

ガレージなど車から直接アプローチ

できる利便性の高い場所になるよう

予め設計されているからです!

 

衣類用キャビネット

 

買物した荷物の搬入や、汚れた服でも

気軽に使える「もう一つの玄関」ですね。

厚手のコートなど衣類を掛けられる

衣類専用キャビネットもあります。

 

3つ目の役割が、換気システムや

冷暖房機器をここに設置します。

 

スウェーデンの家事室

 

高断熱高気密の省エネ住宅では、

熱交換型換気システムが必須アイテムで、

この重要なメンテナンスの一つが、

フィルターの掃除や交換です。

 

日本では、床面積を使いたくないと、

天井裏に格納してしまいますが、

これだと日常メンテに適しません。

 

フィルターは、外気の埃や虫、煤煙、

花粉、PM2.5など・・・室内への流入を

シャットアウトするもので、本来は、

住み手が、メンテするものなのです!

 

日本の間取りを見ると、

 

・・・洗濯機は脱衣室に。

・・・勝手口はキッチンの脇に。

・・・換気システムは天井に。

 

となりがちですが、

 

省エネ住宅を機に、機械室も兼ねて、

家事室は必ず欲しいものですね。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「家事室やキッチン」に関するお問い合わせ

 

author:Akio Kanaida, category:キッチン&洗面, 09:00
comments(0), -, -
#246 二つの洗面台

スウェーデンの洗面台

 

Tjena! 

 

スウェーデンの浴室はBadrum

(バードルム)と呼ばれます。

英語でいう「Bathroom」です。

 

Room」というくらいなので、

一つの大きな部屋です。

 

そこには、シャワー、バスタブ、

洗面台、サウナ・・・そして、トイレ!

までもがレイアウトされます。

 

部屋の大きさも、68畳はあるので、

その中で「トイレを使う」というのは、

最初、かなり抵抗でした・・・。

 

しかし、不思議なことに、

慣れると非常に快適なのです!

 

ちなみに、「臭い」は大丈夫なの?

 

とよく聞かれますが、換気システムにより

常時、空気(臭い)が排気されている

ので特に問題ありません。

 

スウェーデンの洗面台

 

ところで、この「Badrum」にある

洗面台なのですが、たいてい二つあります。

 

正確には、洗面台が長めで、

二つの洗面器があるのです。

 

最初は、どっちを使えばいいの?

二つは要らないでしょ?

 

なんて思っていましたが、

これが実に便利なのです。

 

特に朝は、歯磨きやヘアセットなど

高い確率で誰かと同時になります。

 

でも、このような長い洗面台に

洗面器が二つあれば、2人はもちろん、

3人が同時でも全く問題なしです!

 

スウェーデンの洗面台

 

これまた慣れると、非常に快適!

どうして日本は一つなのだろう・・・?

と逆に不思議に思ってしまいます。

 

ちょうど日本でいう、一つの家に

トイレが二つ必要なのと同じですね。

 

洗面台に関して言えば、

さすがは北欧家具。機能面だけでなく

デザイン性も抜群です!

 

洗面台の天板には、木製のものが

使われることもあります。

 

硬木のオークやアッシュで、

オイル仕上げが主流です。

 

スウェーデンの洗面台

 

木製なので、水の飛び跳ねを

放置するとシミの原因となるため、

日本ではあまり見かけません。

 

使用後には、飛び跳ねた水を

乾いたタオルで拭き取ります。

 

この「作業」を、

無駄で面倒と思うか・・・

木を扱う者のマナーと思うか・・・

 

その違いと言えるでしょうね。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

author:Akio Kanaida, category:キッチン&洗面, 09:00
comments(0), -, -
#242 スウェーデンのキッチン

スウェーデンのキッチン

 

Tjena! 

 

スウェーデンの住宅(外壁ブロック)

を輸入する時、キッチンも一緒に、

コンテナの中へ載せる事があります。

 

スウェーデンのキッチンって、

どのような感じなのでしょうか?

 

スウェーデン人にとって、

キッチンはとても大切です。

 

住宅の間取りを見ると、

日本と比べ23倍の広さがあり、

ほとんどがオープンキッチンです。

 

キッチンのキャビネットや

フードには照明が配置され、

インテリアの一部となっています。

 

キッチンはオーダーメイドが

一般的で、間取りに合わせて

キャビネットを組んで行きます。

 

スウェーデンのキッチン

 

床に置くベンチキャビネットは、

扉と引き出しタイプがあって、

色々な幅が用意されています。

 

L字型やU字型キッチンでは、

コーナー専用の、内部に回転棚が

内蔵されたものまであります!

 

使い勝手が良いので、これは、

必ず選ぶようにしています。

 

壁用のウォールキャビネットは、

3つの高さが設定されていて、

デザインで高さを変えます。

 

ガラス扉では、ガラスの種類を

選ぶことができ、キャビネット内部に

照明がよく取り付けられます。

 

ウォールキャビネットの下部には、

必ず照明が設置されます。

 

続いて、天板、シンク、水栓金具、

ハンドル(ノブ)、カトラリーケースなど、

ディテールを選んで行きます・・・。

 

扉は、デザインと樹種、仕上げを

選んで、扉に合わせ、キャビネットの

仕上げを調整して行きます。

 

スウェーデンのキッチン

 

得意分野は、やはり、木製扉です。

 

オークやアッシュといった樹種に、

ホワイトやグレー塗装をかけると、

木の質感を残しつつ、インテリアの

カラーにも合わせられます!

 

扉をペイント塗装する場合には、

カラーチャートから色番指定

できるのも大きなポイントです。

 

こうして、一つひとつの

オリジナルキッチンが出来上がります。

 

かなりの手間となりますが、

スウェーデンでは当たり前で、

 

それだけ住宅づくりでは、

「キッチン」に比重を置くもの・・・

ということですね。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

author:Akio Kanaida, category:キッチン&洗面, 09:00
comments(0), -, -