RSS | ATOM | SEARCH
#147 室内ドアの採光

スウェーデンの室内ドア

 

 

Tjena!

 

室内ドアというと、インテリアに合わせて、

樹種や仕上げ・デザインを選びますが、

実は、その採光の取り方も重要なのです!

 

今回は、採光の取り方と、ガラスドアの

種類についてご紹介します。

 

まずは、樹種や仕上げ・デザインを固定し、

パイン製(節あり)、クリアラッカー仕上げ、

無垢の框デザインのドアといった条件で、

どのように展開されているか見てみましょう。

 

框ドアといえば、真ん中に横桟の入った、

鏡板が上下にあるデザインが一般的です。

スウェーデンの伝統に従えば、上が大きく、

下が小さい鏡板のバランスとなります。

 

GK-Alte3 GK-Alte3-Sp8

 

このデザインでガラスドアとなると、

上部の鏡板の代わりに格子がはめ込まれ、

その間にガラスが取り付きます。

 

桟の入れ方によって、室内ドアの鏡板が

3つであったり、4つや5つに分割されます。

 

GK-Alte4 GK-Alte4-Sp10

 

鏡板が3分割だと、上部ガラスは8枚ですが、

鏡板が4分割の場合は、10枚とガラス面が

より大きくなって開放感が増します。

玄関ホールからリビングへのドアに最適です!

 

鏡板の数で、室内ドアの印象は変わります。

鏡板の数は、形状的な印象だけでなく、

採光の取り方とも深い関わりがあります。

 

なぜならば、ガラスドアとするには、構造上、

鏡板を抜いて、ガラスをはめ込むからです。

 

GK-Alte4-Sp3 GK-Atle4-Typ111

 

例えば、鏡板が4つの框ドアでは、

上部の小さな鏡板だけをガラスに替えると、

採光は取れるが、内部が見えにくい・・・

トイレや脱衣室に最適なドアとなります!

 

プランニング上、トイレに窓が取れない場合など、

室内ドアをこのタイプで、排気口を天井に付ければ、

採光と換気と、問題を一度に解決できます。

 

ちなみにトイレの換気は、室内ドア下の空間

912mm)から空気が入る仕組みです。

 

モダンなインテリアには、円形の採光窓を

框ドアに組み込めます。1個だけでなく、3

組み込めば、印象もガラリと変わりますね!

 

GK-Rakel1-Cg1 GK-Rakel1-Cg3

 

細かな所では、昼の採光だけでなく、夜など

室内照明が円形に浮かび上がる事も想定したり、

円形窓の縁の色を、室内壁の色と同じにしたりと、

採光・配色計画まで行っています・・・。

 

もちろん、取り付けるガラスも色々です。

透明以外に、アンティーク調やスリガラス、

型ガラスと、用途に応じて選択します。

 

GK-Glas-Antik GK-Glas-Frostat

 

デザインを統一しながらも、採光の取り方まで考え、

ガラスドアを配置していくと、インテリアの雰囲気や

出来栄えが全く違ってくるわけです!

 

 ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

スウェーデンの室内ドア詳しくはこちら

 

「スウェーデンの室内ドア」お問い合わせはこちら

 

author:Akio Kanaida, category:室内ドア, 09:00
comments(0), -, -
#127 室内ドアの換気

スウェーデンの室内ドア

 

Tjena!

 

今回は、室内ドアの換気についてお話します。

室内ドアの換気?・・・と思われるかもしれませんが、

部屋を閉じてしまう室内ドアに必須の機能なのです!

 

スウェーデンの住宅は、高断熱・高気密仕様なので、

家の外壁や屋根、床面で断熱・気密を取って、

外と屋内環境とを完全に分離させます。

 

その結果、外気が寒い冬でも屋内すべては暖かく、

外気が暑い夏でも屋内すべては涼しくなるわけですね。

 

住宅の断熱性能が低い家であれば、部屋毎に、

必要な箇所だけ冷暖房をする・・・といった考えで

家の中を壁で仕切り、屋内環境を分割していました。

 

しかし、断熱性能が高い家では、屋内環境のすべてが

連続空間であり、全体での冷暖房を考えて行きます。

 

そこで重要なのが、屋内環境の「空気の流れ」です。

当然、計画換気が義務付けられていますが、その基本は、

寝室やリビング等に新鮮空気を給気し、キッチンや浴室、

トイレ等から汚れた空気を排気させることです。

 

つまり、屋内環境では、寝室やリビング等から

キッチンや浴室、トイレ等へ常に空気が流れています。

 

ということは、寝室やリビングで暖房(冷房)をすれば、

その暖められた(冷された)空気は、キッチンや浴室、

トイレへと移動していくので、家全体を暖房(冷房)する

ことができる・・・このように考えて行きます。

 

この考えを応用すれば、例えば、乾燥しがちな冬場も、

寝室やリビングに加湿器を置くだけで、家全体の

加湿を行って行けるわけです!

 

したがって、高断熱・高気密住宅では、壁などの空間を

仕切るものを少なく設計した方が、屋内環境を制御しやすく、

温度のバラツキも少なくなるのです。

 

しかし、実際は、壁で部屋を仕切る必要もあり、

室内ドアも必要ですね。そこで、スウェーデンの

室内ドアは、換気ができる構造となっています。

 

スウェーデンの室内ドア 

A:ドア枠幅外寸

B:ドア枠高外寸

 

室内ドアは、扉の周囲に、上枠と側枠、下と枠があり、

通常は下枠に、薄い板(敷居)を取り付けています。

ドアを閉めると、扉と下枠との間に9mm程度の空間が

できます。この隙間から空気が流れていきます(換気)。

 

室内ドアの下枠 室内ドアの側枠

左:薄い板の下枠(敷居)

右:側面枠(93mm幅)

 

また、この下枠を使わないで取り付けることもできます。

この場合、フローリングは、部屋間で連続して敷くことで

扉とフローリングとの間に18mm程度の空間ができます。

 

換気だけでなく、家全体の冷暖房を積極的に行う場合には、

換気口の付いた上枠があります。これを使えば、空気は、

ドアの上下から抜けてきますので冷暖房に効果的です!

 

室内ドアの上枠

左:換気口の付いた上枠

右:通常の上枠

 

余談ですが、設計上、室内ドアの換気では不十分な場合は、

室内壁専用の換気口といったものが使われています。

空気は通すが、音は通しにくい構造をした通気口です。

 

断熱性能が高い家に使われる室内ドアは、

こんな機能まで付いているのですね。

 

 ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

スウェーデンの室内ドア詳しくはこちら

 

「スウェーデンの換気システム」詳しくはこちら

 

author:Akio Kanaida, category:室内ドア, 09:00
comments(0), -, -