RSS | ATOM | SEARCH
#215 スウェーデン本国仕様で導入する意義

スウェーデン本国仕様の住宅

 

Tjena!

 

スウェーデン本国で建築される

住宅には、住宅先進国としての哲学や

ノウハウ、テクノロジーや建材が、

最新の状態で注ぎ込まれています。

したがって、スウェーデンの

本国仕様で日本へ導入する事は、

日本でも住宅に資産価値を与え、

耐用年数を大幅に伸ばします。

 

住宅先進国としての住まう豊かさを

感じられる一歩となるでしょう。

 

スウェーデン本国仕様の住宅

である意義は、日本のこれからの

住宅を創造することでもあります。

 

スウェーデン本国仕様の住宅

 

残念ながら今の日本は、
世界トップレベルの耐震技術を誇る

家でも耐用年数は30年程度。

中古住宅の価値はというと、

ほぼゼロ・・・。これが現実です。
 

住宅にたくさんのお金をかけないと、

いい家には住めない社会なのです。

ここに、住宅先進国としての哲学や

ノウハウ、最新のテクノロジーや建材が

注ぎ込まれたスウェーデン本国仕様で

日本へ導入する意義が生まれます。

それは、「輸入住宅」とは違います。

和風モダンのようなデザインもある

でしょうし、日本の建築基準に合わせて

様々な手法で住宅が構成されます。

それは、これまでの日本の住宅とも

また違うものになるでしょう。

なぜならば、それが次世代の住宅を

創造する事であり、

日本のこれからの住宅は、

私たちの想像を遥かに超えたもの

でなければならないからです。

 

そんな取り組みがすでに始まっています。

 

スウェーデン本国仕様の住宅

 

住宅の断熱・気密性能が抜群に高く、

より少ないエネルギーで快適な住環境を

実現することも大切です。

 

地震に強い耐震、制震、免震などの

技術も住宅にとって重要です。

 

スウェーデン本国仕様の住宅

 

しかし、社会が、どのようにしたら

住宅にそれほどお金を費やさなくても

みんながいい家に住めるのか?

 

本当の住まう豊かさとは何なのか?

 

日本の住宅の創造にとって、今、

ものすごく重要なのは、ここなのですね。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:スウェーデンの住宅, 09:00
comments(0), -, -
#212 スウェーデン本国仕様の住宅とは?

スウェーデン本国仕様の住宅

 

Tjena!

 

私は、スウェーデン住宅を紹介する時に、

あえて「スウェーデン本国仕様」の住宅

という言葉を使うようにしています。

 

これはどういうことかというと、

日本人が知っている(認識している)

スウェーデン住宅と、今現在、

スウェーデン本国で建てられている

住宅とが、かなり違うからです!

 

スウェーデン本国仕様の住宅

 

例えば、外壁の断熱性能。

断熱材の厚みでいうと、20cmは常識で、

高断熱仕様といえば、30cm40cm

を指します。全く次元が違います。

 

また、スウェーデンの窓といえば、

3層ガラスの木製窓ですね。

 

しかし、スウェーデン本国では、

木製窓でも外側がアルミで被覆されたり、

2+1=3層ガラスといって、ガラス間に、

ブラインドが内蔵されたりしています。

 

しかも最近では、4層ガラスも

当たり前のように使われ始めました!

 

スウェーデン本国仕様の住宅

 

そして、内部に使われている建材です。

これらは、ほぼ全て、木製なのですが、

驚くべきことは、その想定耐用年数です。

 

ほとんどが、30年から50年以上使う

事を想定して作られています。

 

考えてみれば、当たり前のことで、

スウェーデンでは、日本と同じ木造住宅でも

住宅自体の耐用年数が100年以上なので、

それを構成する建材の耐用年数も

当然、長くないとダメですよね・・・。

 

このように、スウェーデン本国では、

私たち日本人の想像を遥かに超えた構造や

建材の仕様で住宅が創られているのです!

 

その結果、築30年の住宅でも、

新築と同じくらいの資産価値をもつ家が

ゴロゴロと存在しているのですね。

 

スウェーデン本国仕様の住宅

 

また、デザインも然りです。

実に様々なデザインで建てられています。

興味深い事は、どんなデザインでも、

住宅の性能と品質は同じという事です!

 

実は、ここに大きなヒントがあって、

これまで、私たちの想像するスウェーデン

本国仕様住宅は、「輸入住宅」でしたが、

現在では、日本の和風デザイン住宅が

スウェーデン本国仕様に仕上げられる時代です。

 

つまり、スウェーデン本国仕様の住宅とは、

スウェーデン本国の構造や建材で、

スウェーデン本国の性能や品質を実現

させた住宅・・・という事になります。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:スウェーデンの住宅, 09:00
comments(0), -, -
#211 スウェーデン本国仕様住宅の完成

カールソンヒュース

 

Tjena!

 

先程、3枚の写真が届きました。

長野県に完成したスウェーデン本国仕様住宅です!

 

伝統のファールン・レッド(Falu Rodfarg)色に

身をまとった住宅は、スウェーデン本国の

KarlsonHus(カールソンヒュース)社製です。

 

適当な長さに分割された外壁は、

「外壁ブロック」と呼ばれ、

スウェーデンの工場で作製されます。

 

「外壁ブロック」には、窓や玄関ドアが

取り付いているだけでなく、断熱材も充填され、

外装材や窓周りのケーシング(額縁)、

水切り材までも工場で取り付け済みです!

 

この「外壁ブロック」をスウェーデンの工場で

コンテナに積載し、海上コンテナ船で日本へ運び、

最後に建築現場へと輸送します。

 

建築現場で、これらの外壁ブロックを

クレーンを使って組み上げると・・・

この時点で、住宅の外壁施工のほとんどが

完成状態!といった仕組みです。

 

カールソンヒュース

 

こういった仕組みとプロセスだけ見ると、

コンテナを使うなんて輸送費が高く付く・・・とか、

そんな大きな外壁ブロックをどのようにして

狭い日本の現場に運び込むのか?

 

・・・といった議論で思考がストップします。

 

しかし、よく考えてみると、ある意味、

非常に合理的な手段であり、日本の家づくりも

転換期にあることに気付かされます。

 

それは、住宅づくりの

「現場から工場へのシフト」です。

 

高断熱・高気密住宅の外壁は、

断熱・気密処理が複雑で、手間と時間を要し、

高断熱仕様の窓やドアは重量級なのです。

 

ここで、工場で「外壁ブロック」を作り、

現場でそれらを組み上げるといった

発想をしてみると・・・

 

1. 現場の天候に左右されにくい

2. 現場で出る廃材が削減できる

3. 現場工期を大幅に削減できる

4. 精度の高さと均一さを保ちやすい

5. 人材を確保しやすい

 

といった事が可能になって、

これまでの常識が非常識になる!

・・・こともあるでしょう。

 

カールソンヒュース

 

この住宅の施工時期と場所は、

真冬の豪雪地帯でした。

 

それでも、この悪条件の中で、

ここまで完成度の高い住宅を短期間で

実現できたという仕組みとプロセスに、

たくさんのヒントがあるのです。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:スウェーデンの住宅, 09:00
comments(0), -, -
#206 スウェーデン住宅の組立

スウェーデン住宅の組立

 

Tjena!

 

スウェーデン本国仕様住宅は、

工場で作り上げた「壁ブロック」、

その他の部材と建材一式といった形で

スウェーデンでコンテナに積載され、

日本の建築現場へと直送されます。

 

現場では、だいたい以下の段取りで

組立が進むスケジュールです。

 

1日目:1F床根太組

プレカットされた床根太を組み、

構造用合板で床枠組を完成させます。

 

2日目:1F外壁&内壁

外壁ブロックを順に設置して行きます。

壁ブロックと床枠組を緊結します。

続いて、内壁ブロック(耐力壁)と

床梁を設置し緊結して行きます。

 

スウェーデン住宅の組立

 

3日目:2F床根太組

プレカットされた床根太を組み、

構造用合板で床枠組を完成させます。

 

4日目:2F外壁&内壁

外壁ブロックを順に設置して行きます。

壁ブロックと床枠組を緊結します。

続いて、内壁ブロック(耐力壁)と

屋根梁を設置し緊結して行きます。

 

5日目:屋根小屋組

プレカットされた垂木を組み、

構造用合板で屋根小屋組を完成させ、

防水シートを張ります。

 

このような流れで住宅が組み立てられます。

 

スウェーデン住宅の組立

 

スウェーデン本国仕様住宅のすごい所は、

この時点で、窓やドアが取り付いており、

断熱材も充填済み。合板や外装材、造作材、

水切り材の防水処理から気密処理までの

作業も完了している・・・という事です!

 

最も時間を要し、面倒な外壁の作業も

現場の天候に左右される事なく、

スウェーデンの住宅製作工場の、あの快適な

作業環境ですでに施工済みなのです。

 

重厚な木製玄関ドア、3層ガラスの木製窓や

木製テラスドア、厚い断熱材に、外装材の

取り付いた分厚く長い外壁ブロックは、

相当な重量になります・・・。

 

スウェーデン住宅の組立 スウェーデン住宅の組立

 

しかし、クレーンを使って外壁ブロックを

吊ってしまい、所定位置へと移動するので

大工さんが重労働する必要はありません!

 

外壁ブロックの継ぎ目も、例えば外側は、

防水透湿シートを重ねて処理し、通気桟や

水切り材を取り付け、外装材で覆うため、

最終的に継ぎ目もわからなくなります!

 

スウェーデン住宅の組立

 

スウェーデン本国仕様の住宅は、このような

外壁ブロック方式による、とても合理的な

施工方法だ・・・と感心させられます。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:スウェーデンの住宅, 09:00
comments(0), -, -
#205 スウェーデン住宅の輸送

スウェーデン住宅の輸送

 

Tjena!

 

スウェーデン本国仕様住宅を建てる場合、

一体どうやって、あんな大きな住宅を

スウェーデンから持ってくるのでしょうか?

 

日本では信じがたい話なのですが、

スウェーデンは、住宅輸出国なのです!

 

スウェーデンの工場で作った住宅を、

ヨーロッパ各地へと輸出しています。

 

スウェーデンの住宅は、日本でいう、

枠組壁工法で、いわゆるツーバイフォー工法

と似たような構造となっています。

 

したがって、住宅構造の構成を見てみると、

例えば、2階建木造住宅では・・・

 

1. 1F床根太組

2. 1F外壁&内壁

3. 2F床根太組

4. 2F外壁&内壁

5. 屋根小屋組

 

といった5つに分類されます。この内、

135は、角材や合板で構成されるため、

工場ではプレカット加工のみです。

 

最も重要なのは、24の外壁&内壁です。

スウェーデンでは、壁の枠組のみならず、

窓やドアも取り付け、断熱材を充填します。

 

そして合板や外装材、造作材まで取り付け、

水切り材といった防水処理から気密処理まで、

すべてを工場で作り上げてしまうのです!

 

これは、「壁ブロック」と呼ばれ、

トラックで輸送可能な長さ、つまり、10m長もの

外壁ブロックを作れる技術と設備があります。

 

住宅の外壁と内壁は、設計段階で分割され、

工場では、完成した「壁ブロック」が

3から4つ毎にパッキングされます。

 

スウェーデン住宅の輸送 スウェーデン住宅の輸送

 

スウェーデン国内やヨーロッパへは、

トラックで工場から建築現場へと運びます。

 

トラックには、これら「壁ブロック」と

プレカットした床根太組や屋根小屋組、

ルーフィングや雨樋等一式を積み込みます。

 

ヨーロッパ諸国など、遠い建築現場では、

住宅の躯体だけでなく、階段や室内ドア、

フローリング、造作材、暖炉・・・など、

その家に必要な建材も一緒に積載します。

 

したがって、日本へ輸送するには、トラック

ではなく、海上コンテナを使えばよいのです!

 

コンテナ車で輸出港まで陸送し、日本行きの

貨物船へと載せ、「住宅」を輸出します。

 

日本の主要港へ到着したら、「住宅」を輸入し、

コンテナ車で、建築現場へと運ぶわけです。

 

スウェーデン住宅の輸送

スウェーデン住宅の輸送

 

場合によっては、港で荷物をコンテナから

取り出し、トラックで現場への搬入もできます。

 

スウェーデン住宅の輸送

 

スウェーデンにとって、住宅を日本へ送る事は、

国内配送とあまり変わらないわけですね!

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:スウェーデンの住宅, 09:00
comments(0), -, -