RSS | ATOM | SEARCH
#192 モダンなミニログ 15m2

ミニログ-Jutis

 

Tjena!

 

今回は、モダンなミニログをご紹介します。

ミニログとは、本格的なログハウスに比べ、

手軽にD.I.Yで組み立て可能なログキットです。

 

このミニログは、ログ断面:45x145mm

組んだ、床面積:15m2Jutis(ユーティス)

という規格モデルです。

 

実はこれ、スウェーデン北部にある

フローリング&パネルメーカーが、

新たにプロデュースしたミニログです!

 

スウェーデン北部で育つパインは、

厳しい寒さのために、年輪が緻密で、

最も良質とされる材が手に入ります。

 

無垢のフローリングやパネル材の

善し悪しは、素材と含水率で決まるのですが、

ログ材もまた、素材のほとんどが、

無垢のパイン材であるのです。

 

45x145mmのログ断面は、通常の

ログハウスに比べると小さいものの、

それでも、6m2程度の物置小屋から

10m215m2といったミニログは、

需要が高く、数多くのラインナップが

用意されています!

 

ミニログ-Jutis

 

特にこのJutis(ユーティス)は、

伝統的な切妻屋根&十字型格子付窓の

ログスタイルと違って、片流れ屋根に

スタイリッシュな窓を組み合わせて

いるので、とても人気があります。

 

15m2の大きさ(床面積)を持つミニログは、

どちらかというと、一つのライフスタイルの

住まい空間として使われています。

 

ミニログ-Jutis

 

このメーカーが、フローリング&パネル

の専門メーカーであることから、

インテリアの仕上げもアップグレード

できるのも大きな特徴の一つです。

 

寒冷地での使用なら、45mm厚ログ材の

室内側に、付加断熱セットを追加すれば、

ミニログの断熱性能を上げられます。

 

オプション-断熱材セット

 

窓も標準仕様で、2層ガラス木製窓ですが、

オプションとして、さらに低い熱貫流率の

高断熱仕様も選択できるのです。

 

オプション-雨樋セット

 

オプションでは、ルーフィングセットや

雨樋セットも準備されているので、

住宅に近い仕上げまで可能です。

 

面白いのは、薪ストーブセットまで

準備されている所です。もちろん、

専用の煙突付きのパッケージです。

 

オプション-薪ストーブ

 

ここまで来ると、本格的なログハウスに

近い仕様となりますが、15m2程度

(約9畳)であれば、ミニログでも、

十分に魅力的な住空間が実現可能ですね!

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「モダンなミニログ詳しくはこちら

 

>「ミニログ」に関するお問い合わせ

 

続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:ログハウス, 09:00
comments(0), -, -
#173 25m2のモダンログ

MiniLog-Fjallnas

 

Tjena!

 

今回は、スウェーデンのモダンな

ミニログをご紹介します。

 

スウェーデンは、今でこそ、外壁に30cm厚もの

断熱材を充填した枠組壁工法で住宅を展開

していますが、もともとは、ログ構造です。

 

ログ構造は、高断熱・高気密の制御が難しいため、

省エネ型住宅ではあまり用いられません・・・。

 

しかし、家の庭先には、住宅と同じデザインの

外壁や屋根をした小規模のログハウス(ミニログ)が

ガレージやコテージ等として建っています。

 

ミニログの大きさは、床面積が5m225m2程度、

使われるログ断面は45x145mm45x170mmです。

すべての部材がパッケージングされた、

DIYキットになっているのが特徴です。

 

これまでは、クラシックな切妻屋根が主流でしたが、

最近のデザインは、とてもモダンなのです!

 

MiniLog-Fjallnas

 

例えば、ミニログ、Fjallnas(フィエルネース)は、

x奥行=6m x 4.15m、床面積が25m2

使われるログ断面は45x170mmとなっています。

 

屋根は片流れで、窓も横長の窓やスライド式の

テラスドアと斬新なログハウスです。

 

ログの壁材に加え、構造の土台から屋根、

外装ドアや内装ドアはケーシング付きで、

フローリングに巾木まで付属しています。

 

MiniLog-Fjallnas

 

ミニログの面白いところは、DIYでも

組み立てる事ができ、さらにアイデア次第で、

様々な用途へと展開できる事でしょう!

 

子供の遊び空間から、趣味の部屋、店舗・・・

25m2であれば、別荘や住宅にも使えます。

キッチンやダイニング、リビング、そして

トイレやシャワー室まで確保できる広さです。

 

MiniLog-Fjallnas

 

このミニログ、実は、10m2のロフト付きで、

寝室として十分なスペースを持っています。

したがって、実質は、25+10=35m2で、

10.6坪程の床面積を保有している計算です。

 

MiniLog-Fjallnas

 

先日、ある設計士の方が・・・、

 

「二つのミニログを、ウッドデッキを挟んで建てれば、

大きなテラスを持った平家として使えるよね!」

 

と話していました。確かに・・・。

 

私はミニログを単体としてしか見ていませんでしたが、

二つを組み合わせ、1棟は寝室の私的スペース、

もう1棟は、リビング&キッチンの公的スペース・・・

とすれば、オープンテラスを持った素敵な住宅です。

 

ミニログを組み合わせれば、費用と労力を抑えつつ、

魅力的な住空間を生み出せる事もできるのですね!

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデンのミニログ」の写真をもっと見る

 

>「スウェーデンのミニログ」に関するお問い合わせ

 

author:Akio Kanaida, category:ログハウス, 09:00
comments(0), -, -
#134 グランピングに見る市場創出

グランピングの記事

 

Tjena!

 

グランピングが急速に広がり始めています。

「グランピング」??? ご存知ですか?

実は、私も最近知ったばかりです・・・。

 

グランピングとは、

グラマラス・キャンピングの略で、

煩わしさを取り除き、快適さを追求した

新しいキャンプの事だそうです。

(日本経済新聞2016716日)

 

キャンプといえば、これまでは、

自分でテントを建て、寝袋で宿泊・・・

食事も自ら調理し、テーブルをセット・・・

こうしてアウトドアを楽しみました。

 

しかし、現実は、これらの作業には、

知識と経験、専門の道具が必要で、気軽に

キャンプで自然を満喫!するにはハードルが高く、

足踏みしている人が多かったわけです。

 

そこで、アウトドアが苦手な人でも十分楽しめる。

食事の準備や設営は不要。シェフが屋外で

ダッチオーブンディナーを提供してくれたり、

冷暖房完備のテントまで用意されている・・・

といった新しいサービスを提供したわけです。

 

キャンプという従来の市場に、新たな価値を与え、

新たな市場を創出したというわけですね。

 

また、こんな事例もあります。

高級チョコレートメーカーの話ですが、

チョコレートの販売は順調でした。しかし、

夏季シーズンだけほとんど売れないそうです。

 

そこで、このチョコレートを使った新商品を

アイスで作ったのです。その結果、

夏季の売り上げも伸ばすことに成功しました!

これも従来のチョコレート市場に、新たな価値を与え、

新たな市場を創出したわけですね。

 

グリルコータ

 

ところで、スウェーデン北部のラップランド地方に、

「グリルコータ」と呼ばれる六角形の面白い

ミニログがあります。これは、寒いところでも室内で

グリルができる煙突付きのログハウスです。

 

例えば、これを冬のキャンプ場に設置したらどうでしょうか?

 

グリルコータ

 

キャンプ場も、チョコレート市場と同じように、

夏は、たくさんの人がコテージに泊まってバーベキューを

楽しみたいと思いますが、冬は、寒くてちょっと・・・と、

キャンプ場へ足を運ばないと思います。

 

グリルコータ

 

でも、そこに「グリルコータ」があれば、寒い雪の中、

みんなでバーベキューができて、なんか楽しいですね!

バーベキューは夏!が常識でしたが、アイデア次第で

冬のバーベキューといった新たな価値が生まれます。

 

宿泊は、暖房の効いた快適なコテージか

トレーラーハウスでしょうか・・・?

 

こうした新たな価値を提案することで、

冬のキャンプ場へも足を運ぶ動機が生まれ、

結果、冬の売り上げも伸ばしていけるわけです。

 

市場の創出は、住宅づくりでも大切です。

住宅に新たな価値を見出すことで、これまでアプローチ

できなかった新たな市場が開けてくるのかもしれません。

 

 ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

六角形のミニログ・グリルコータ詳しくはこちら

 

スウェーデンのミニログの写真を見る

 

author:Akio Kanaida, category:ログハウス, 09:00
comments(0), -, -
#093 愉快なログコテージ
ルストヒュース

Tjena!
 
スウェーデンのあるスカンジナビア半島は、
左(西側)から、ノルウェー、スウェーデン、
フィンランドと並んでいます。ノルウェー語と
スウェーデン語は多少似ているものの、
フィンランド語は全く違う言語を話します。
 
しかし、三国とも北へと行けば同じ北極圏で、
この辺り一帯は、ラップランド(Lappland
と呼ばれ、言葉や文化が似ています。
ここに住む人は、サーメ人(Same)といって
多角形の平面で、テント型の屋根をした
独特な建築様式を持っているのです。
 
そんなラップランド地方の伝統な建築様式を
ミニログで再現しているのがグリルコータ」です!
「グリル」はバーベキュー、「コータ」は
テント型形状を意味した愉快なログコテージです。
 
グリルコータ

六角形の平面に、壁は45x145mmの角ログが、
屋根は梁でテント型に組み上げられています。
六面ある壁の内、一つには入り口用のドアが、
三つには小さな窓が付いています。
 
内部の中心には、「グリル」が設置されており、
炭を使ってバーベキューが楽しめます!
壁には木製のベンチがあり、「グリル」を
囲んで12人くらいが座れる空間です。

グリルコータ
 
大きさは、通常のものが、床面積9.2m2
建物の幅が約3.3mで、ちょうど3坪程度です。
大きいものでは、16.5m225m2もあります。
 
室内で火を燃やすため、「グリル」の上部には
煙突があって煙は外へ排出される仕組みです。
この独特な形状と空間をもつ「グリルコータ」は、
まるで秘密の隠れ家のようです・・・。
 
これに対し、スウェーデンには、伝統的な
「ルストヒュース」と呼ばれる建物もあります。
これも多角形の平面ですが、グリルコータ」よりも
背が高く、窓も多いので明るく開放的です。
 
ルストヒュース

カフェルームやティールームとして使われますが、
内部に「グリル」と煙突があるタイプもあります!
 
「ルストヒュース」の大きさは、通常のものが、
床面積9.2m2(六角形)と10m2(八角形)で、
やはり3坪程度の大きさで、庭先にDIY
自分で建てれる完全な組立キットです。
 
「グリルコータ」も「ルストヒュース」も
壁にはすでに窓やドアが取り付けてあるので、
現場で床や壁、屋根を組み上げるだけなのです!
 
屋根仕上げ材のシングル材や煙突はもちろん、
グリルセットまで、必要なものすべてが
パッケージングされているので、組立後、
すぐにバーベキューができる装備です。
 
「グリルコータ」や「ルストヒュース」は、
とても愉快なログコテージなので、趣味の空間から
雑貨店など、日本では様々な使い方がされています。
 
  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞
 
* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。
 
スウェーデン製ログコテージ詳しくはこちら
 
スウェーデン製ログコテージお問合せはこちら
 
続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:ログハウス, 09:00
comments(0), -, -
#080 スウェーデンのミニログ
ミニログ

Tjena!
 
スウェーデンの住宅街を散歩してみると、
住宅と同じデザインで、庭にガレージやミニログを
建てている家が多いことに驚かされます。
 
ガレージは、住宅と同じ構造仕様で、断熱材を充填
したものが多く、ミニログは、主にログ構造です。
 
構造は違っても、外壁材、窓やドア周りのケーシング等、
配色を同じにしたり、屋根材と雨樋など、同じ材料を
使ったりしているので、敷地も合わせた全体の
デザインに調和が感じられます。
 
特にミニログは、屋外の物置や自転車置き場として、
そして子供の秘密基地やティールームとしても
使われたりと、その用途は実に多目的です。
 
ログ構造のミニログは、キットになっているため、
親子一緒にDIYで建て、色を塗っていきます。
この過程の中で、子供は自然と、建築に対する
知識や楽しさも学んでいくわけです。
 
日本では、「外溝工事」として、住宅とは別に、
スチール製のカーポートや物置を作ってしまいますが、
このようなミニログを、住宅と同じデザインで
提案していくことも、実は、私たちの大切な役目の
一つなのかもしれません。

ミニログ

ミニログのデザインも、昔は、切妻屋根の
シンプルな住宅に合わせたものばかりでしたが、
最近では、モダンなデザインでかっこいい、
北欧デザインのミニログが出てきました。
 
そんなミニログは、自宅の物置だけでなく、
オシャレなカフェや雑貨店、リゾート施設の
宿泊棟や、なんとサウナ専用小屋としても
使われたりしているのです!

ミニログ

ミニログ(ログハウス)というと、カントリー風や
田舎風といったイメージがありましたが、
構造はそのままでも、モダンなデザインにすることで、
こんなにもイメージが変わるものだと衝撃を受けました。
 
そのきっかけとなったのが、スウェーデン北部にある
パインフローリングメーカーのミニログです。
このメーカーは、ほぼ北極圏に位置し、最も良質とされる
スウェーデン北部産パインに囲まれています。
 
これまでは、北部産パインを使った無垢フローリングや
パネルが主でしたが、新たにミニログも作り始めたのです。
 
ミニログも、無垢材によって構成されているので、
やはり、その素材が大切なのですが、注目すべき点は、
これまでのシンプルなものだけでなく、モダンなデザインの
ミニログを提案し、新たな市場を作り出したことです。
 
現在、日本で取り組まれているプロジェクトの一つに、
スウェーデンの住宅性能(断熱や住環境)を持った、
和風モダン・デザインの家(在来工法)があります。
 
スウェーデンの窓やドア、階段やフローリングを
使う家は、スウェーデン・デザインの家・・・。
そんなイメージを、変えてしまう取り組みです。
こうした提案力が、今後の新たな市場を作り出していく
ための秘訣なのかもしれませんね。
 
 
  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞
 
* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。
 
「スウェーデンのミニログ」の写真をもっと見る

スウェーデンのミニログに関するお問い合わせ
 
続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:ログハウス, 09:00
comments(0), -, -