RSS | ATOM | SEARCH
#187 玄関ドアとドアクローザー

スウェーデンの玄関ドア

 

Tjena!

 

スウェーデンの玄関ドアを注文される方から

「ドアクローザー」付きで・・・と

頼まれることがあります。

 

ドアクローザーとは、「Door closer」で、

その名の通り、ドアを自動で「ガチャ」と

閉めてくれる優れものです。

 

日本では、ほとんどの家に付いていますが、

スウェーデンの住宅では見たことがありません。

どうしてだかわかりますか?

 

答えは・・・

 

「みんな自分で閉めている」からです。

 

というのも、ちゃんとした理由があります。

スウェーデンの住宅に取り付けられる

玄関ドアは、木製の断熱ドアです。

 

この木製ドアは、断熱材が充填されていて、

形状安定性のために、表面が何層もの

合板やアルミ板で構成されています。

 

採光ガラスは、断熱ガラスで3層ガラス!

大きなものでは強化ガラス仕様です。

 

通常は、玄関ドア1setの輸送重量は、

90kg100kgにもなります・・・。

 

なんとも大工さん泣かせな建具ですが、

取り付けてしまえば、頑丈な3つの蝶番が

扉を支えているので開閉は軽いのです。

 

実は、問題なのは、この重さではなく、

ドアの気密構造にあります。

 

玄関ドアの断面

 

断熱性の高いドアは、本体の断熱性に加え、

気密性、正確には、ドアの扉と枠の隙間の

気密性が要求されます。断熱性が高くても、

隙間風があっては、元も子もないからですね。

 

そこで、スウェーデンの木製ドアでは、

扉の縁に、気密リストが装着されていて、

扉と枠が、この気密リストを挟み込んで

圧接することで気密性が確保される構造です。

 

玄関ドアの気密リスト 玄関ドアの気密リスト

 

したがって、閉める時はドアの扉を枠に、

しっかりと最後まで閉め切る必要があるのです。

 

もし、ドアクローザーを付けるのであれば、

鉄製の重量級ドアに取り付けるような

大きくゴッツイもの・・・となってしまいます。

 

代わりに、「ドアストッパー」は付けられます。

ドアストッパーとは、「Door Stopper」で、

ドアの扉を開けた状態で、保持できるものです。

 

ドアストッパー

 

ちなみに、その結果、日本ではどのように

玄関ドアを閉めているのか・・・というと、

スウェーデンと同じく、自分で閉めています。

 

慣れてしまえば、閉めるときの重厚な感じが、

家を守ってくれているといった安心感へと

変わってしまうのです!

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデンの玄関ドア」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの玄関ドア」のフルラインナップ

 

author:Akio Kanaida, category:木製玄関ドア, 09:00
comments(0), -, -
#138 オンリーワンの玄関ドア

スウェーデンの玄関ドア

 

Tjena!

 

住宅のデザインにおいて、玄関ドアは、日本でも

スウェーデンでも、とても重要視されていますね。

思えば、玄関は、「家の象徴」でもあるわけです!

 

木製の高断熱仕様の玄関ドアというと、

日本では、残念ながらデザインが限られており、

そのほとんどがシンプルなデザインです・・・。

 

そこで、スウェーデンの「フルラインナップ」を

ご紹介すると、その種類の多さに驚くと同時に、

こんなにも玄関ドアを選ぶことが楽しいのか!

と皆さん口を揃えて言われます。

 

試しに、玄関ドアのデザインの種類を数えたら、

なんと、実に、70種類以上もありました!

 

スウェーデンの玄関ドア

 

スウェーデンの玄関ドアの基本構造は、すべて同じ

高断熱仕様で、その違いは、表面の仕上げです。

 

木製ドアといっても、全てが「木」ではなく、

スウェーデン北部産パインの枠組みの内部に

断熱材が充填され、両面が合板による多層構造です。

形状安定性のためにアルミ板も入っています。

 

スウェーデンの玄関ドア

 

表面の仕上げ材が、チークドアはチーク材が、

ペイントドアは、下地材(HDFと異なります。

 

この基本構造によって、ドアの断熱性能は、

ドア全体で熱貫流率:U=0.8 w/m2k程度、

ガラスドアは、3層ガラスユニットが使われ、

熱貫流率:U=1.0 w/m2k程度と、デザインの

種類に関わらず、高断熱仕様となっているわけです。

 

スウェーデンの玄関ドア

 

ドアのデザインは、スウェーデンやヨーロッパ、

世界で活躍するデザイナーが手がけ、そのデザインを、

スウェーデンの伝統木工技術で具現化しています。

 

同じデザインでも、チーク材で仕上げたり、

ペイントで仕上げたりできます。チーク材であれば、

オイル塗布仕上げやカラーステイン塗装されます。

 

カラーステイン塗装

 

ペイント仕上げは、カラーチャートから

好きな色を選び、色番号を指示します。手元の

色番号を数えたら、200以上ありました・・・。

 

ハンドルの種類

 

これに加え、レバーハンドルもデザインや

仕上げ色がたくさんあって、ガラスドアであれば、

クリアーガラスではなく、カテドラルガラスや

アンティークガラスまで選べます。

 

ガラスの種類

 

正直いって、一つの玄関ドアに、ここまで

選択肢を与えるのは面倒です・・・。

 

しかし、玄関ドアは、スウェーデンへ発注して

生産期間が1ヶ月、日本の現場までの輸送期間が

2ヶ月と、合計3ヶ月も納期にかかるわけです。

 

スウェーデンの玄関ドア

 

これだけ待ってもらうわけですから、

スウェーデン人がスウェーデンで一つの玄関ドアを

選ぶのと同じだけの選択肢を用意しています。

 

玄関ドアを選ぶという本来の楽しさを感じながら、

オンリーワンの玄関ドアを見つけ出して下さい!

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

「スウェーデンの玄関ドア詳しくはこちら

 

「スウェーデンの玄関ドアのラインナップ

 

author:Akio Kanaida, category:木製玄関ドア, 09:00
comments(0), -, -
#107 玄関ドアのデザイン
玄関ドアのデザイン

Tjena!
 
スウェーデンの玄関ドアというと、
パイン仕上げのドアや、長方形ガラスに格子の
付いたチークドアといった保守的なデザインと
思われがちですが、本国スウェーデンでは、
かなり奇抜なデザインがあります。
 
このようなイメージがあるのは、
made in Sweden」の玄関ドア自体が
ほとんど日本に入って来ていないからです。
スウェーデン風や北欧風の玄関ドアはたくさん
あっても、スウェーデン製は少ないのです。
 
高断熱・高気密の省エネ住宅では、
住宅本体や窓と同じように、玄関ドアにも
高い断熱・気密性能が要求されるため、
スウェーデン製が選ばれることがあります。
 
しかし、性能は抜群に良いけど、
デザインが合わずスウェーデン製は使えない・・・
といった場合がほとんどです。
 
または、性能も重視したいけど、
スウェーデンの玄関ドアを使うと、
北欧風の住宅デザインになってしまう・・・
といった場合もあります。
 
これまでは、「輸入住宅」を作り上げるために
スウェーデン製の玄関ドアが使われました。
そして、日本製と同じ利便性(既製品化や
即納できる在庫体制)を求め、どんな住宅にも
合わせられるデザインだけを集めて、
在庫を準備してきました。
 
その結果、このようなイメージや
固定概念が定着してしまったのでしょう。
 
最近の住宅づくりを見てみると、
断熱・気密性も高く、かつデザインが良いもの・・・
輸入住宅を超える日本の住宅・・・
といった方向にシフトしています。
 
スウェーデンの玄関ドアもデザイン重視のものが
選ばれています。使われ方も輸入住宅だけでなく、
日本の住宅デザインにも使われ始めています。
 
玄関ドア-YD34G 玄関ドア-YD51G 玄関ドア-YD2029

例えば、デザインはシンプルながら、違う素材を
組み合わせたり、表面仕上げにこだわったもの。
 
玄関ドア-YD286G 玄関ドア-YD57G 玄関ドア-YD86G

ドアに組み合わせる断熱ガラス(3層ガラス)
のデコレーションにこだわったもの。
 
玄関ドア-YD2019 玄関ドア-YD67G 玄関ドア-YD2027

住宅のデザインに合わせて、ガラスの位置や
ドアの配色にこだわったもの。
 
スウェーデン製の玄関ドアにも、様々なデザイン
があって、性能も進化し続けています。
 
このような建材が日本に入って来ることで、
住宅づくりの考えや基準もグローバル化し、
新たな日本の住宅が創造されて行くようです・・・。
 
  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞
 
* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。
 
「スウェーデンの玄関ドア」の写真をもっと見る
 
スウェーデンの玄関ドア詳しくはこちら
 
author:Akio Kanaida, category:木製玄関ドア, 09:00
comments(0), -, -
#106 スウェーデンの家具メッセ
スウェーデンの家具メッセ スウェーデンの家具メッセ

Tjena!
 
29日から13日にかけて、北欧(スカンジナビア)
最大規模の家具メッセが、スウェーデンの首都
ストックホルムで行われました!
 
家具から照明まで、最新のデザインと技術が
各メーカーによってプレゼンされるため、
業者だけでなく、このメッセには、インテリアに
関心のある一般の方もたくさん訪れています。
 
驚くのは、家具メッセであるものの、
建材メーカーも多数出展していることです!

スウェーデンの木製建材は、ドアや階段など、
北欧家具と同じ仕上がりなので、家具と建材は、
インテリアで密接な関係があるからでしょう。
 
玄関ドアメーカーから招待状が届きましたが、
残念ながら、参加は叶いませんでした・・・。
しかし、展示の様子を写真で送ってくれたので、
少しご紹介したいと思います。
 
玄関ドアの基本構造は、すでに確立しています。
後は、どのようなデザインを採用するか?
というところがポイントになります。
 
これまでのトレンドを追ってみると、
木の造作技術を生かして、様々なデコレーションが
ドアに取り付けらました。ペイント塗装ドアでは、
一色だけでなく、デザインによって数種類の色を
職人が手作業で塗っています。
 
ガラスドアでは、四角形だけでなく、
円形や楕円形といった形状、スリガラスに
透明部分で草花の模様が描かれた、
デコレーションガラスも組み合わせられました。
 
玄関ドアは、断熱構造をしているので、
ドア扉に付けられるのは、もちろん、すべて
3層ガラスといった断熱ガラスです。
 
続いて、新たな表面素材も出てきました。
木製だけでなく、押すと凹む弾力性のある素材や、
トタンのような波型の表面素材もありました。
 
最近では、チーク材など木にメタル素材を
デザインとして組み合わせたものが主流です。
 
また、円形の小さなガラス(ドット)が
たくさん取り付けられた玄関ドアも人気で、
今回の家具メッセでも展示されています。
 
カタログで見ると、目立ちませんが、
これらたくさんの「ドット」から広がる、
外から暗い室内へ差し込む明かり(昼)と
室内の照明が外の暗闇へもれる明かり(夜)
がとても素晴らしい玄関ドアなのです!
 
スウェーデンの家具メッセ スウェーデンの家具メッセ

今回、最も魅了された玄関ドアが、回転型の
大きなドアです! 通常よりもワイドで、
端にある回転軸でドアが開閉する構造です。
 
ドアといえば、蝶番のある開き戸が常識である中、
このワイドなデザインと、この開閉方法が、
大きな開口にも対応可能な構造であること、しかも、
気密性も取りやすい構造であることに
感心しました。

そこが、北欧デザインであり、

常識に捉われない発想なのでしょう・・・。
 
  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞
 
* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。
 
「スウェーデンの玄関ドア」の写真をもっと見る

スウェーデンの玄関ドア詳しくはこちら
 
author:Akio Kanaida, category:木製玄関ドア, 09:00
comments(0), -, -
#075 玄関ドアのダブルシリンダー
スウェーデンの玄関ドア ドアのロックシステム

Tjena!
 
スウェーデンの玄関ドアは、重厚で断熱材が充填
されています。例えば、ドア扉の厚みは61mm
断熱材だけでも46mm厚、採光窓は3層ガラスです。
木製ドア本体も重く、100kgにもなります!
 
そんなに重いと開閉が心配になりますが、
分厚い蝶番が、上部に2個、下部に1個と
合計3個あるため、開閉は意外とスムーズです。
 
これだけ重厚なので、ドアを破壊して
内部に侵入・・・は、ほぼ不可能。
ロックシステムも防犯性が高く、シリンダー錠も
レバーハンドルもこれまた重厚です。
 
このロックシステム、よく見ると、
外側だけでなく、内側にも鍵穴があります。
外側は外出時に鍵でドアをロック&解錠します。
内側にはサムターンがあるので、
サムターンでドアをロック&解錠します。
 
では一体、いつこの内側の鍵穴を使うのでしょうか?
 
実はこれ、「ダブルシリンダー」といって、
スウェーデンの玄関ドアではよく使われています。
その名の通り、外側と内側の両方に、2つの
シリンダーが内蔵されたもので、防犯用です。
だから、鍵穴が外側と内側にあるというわけです。
 
どのように機能するかというと、
まず、外出前に、扉側面のラッチ上にある
黒い小さな「スマートボタン」を下げます。
その後、いつも通り鍵を使ってロックすると、
内側のサムターンが作動しなくなります。
サムターンを回しても内部が空回りして、
解錠できない状態となります。
 
これは、どのようなことを想定しているかというと、
泥棒が家に侵入する時は、窓からが圧倒的に多く、
(窓ガラスを壊して室内へ侵入)
逃げる時は、玄関や勝手口ドアのサムターンを回し、
解錠して外へ出て行きます。
 
しかし、ダブルシリンダーのドアであれば、
サムターンが空回りしてドアが開きません・・・。
こうなると泥棒も焦ってしまいますね。
「スマートボタン」が下げられたドアは、
鍵でしか解錠できないのです!
 
外側、もしくは内側から鍵で解錠してあげれば、
サムターンは元通り作動します。
通常は、帰宅後に外から鍵で解錠しますが、
内側からも鍵で解錠できるようにしてある・・・
というわけですね。
 
日本でダブルシリンダーというと、
外側に2つシリンダー(鍵穴)があり、泥棒が
解錠するのに時間が2倍かかる・・・
といった目的ですが、スウェーデンでは
また違った目的で、面白い発想です。
 
少しややこしいシステムですが、
防犯性としては高い!と言えますね。
 
  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞
 
* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。
 
「スウェーデンの玄関ドア」の写真をもっと見る
 
スウェーデンの玄関ドア」詳しくはこちら
 
続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:木製玄関ドア, 09:00
comments(0), -, -