RSS | ATOM | SEARCH
#218 安心して開放できる窓

ドレーキップの窓

 

Tjena! 

 

前回は、スウェーデンから直輸入している

窓の開閉方式は、一つの窓で内開きと内倒し、

二つの開閉ができる「ドレーキップ」!

とお話しました。そして、その理由が、

 

「安心して窓を開放しておける」

 

ことでしたね。

 

高気密・高断熱住宅でも、春や秋など、

外が快適な時には、積極的に窓を開けて

自然通気をします。それが「省エネ」です。

 

しかしながら、日本の引き違い窓にしろ、

気密の取れる外開き、内開き、トップターン

でさえも、開放はしておけますが、

決して「安心」とは言えないのです。

 

例えば、1階の窓を開けたまま、

2階に居たらどうでしょう・・・?

 

不審者が入ってくるかもしれませんね。

 

窓を開けたまま、外で庭作業をしたり、

ちょっとだけ近所に出かけたら・・・?

 

突然雨が降ってきて、室内に雨水が

吹き込んでしまうかもしれませんね。

 

ここでいう「安心」とは、窓を開けたままでも、

不審者や雨水の侵入リスクが低いという事です。

 

こうなると、引き違いはもちろんNG

気密の取れる外開きや内開きもNG

トップターンも防犯上でNGです・・・。

 

これに対し「内倒し」は、換気(自然通気)

させたまま、外部からハンドルを操作して

窓を開けることは、ほぼ不可能です。

 

多少の雨であっても、雨水が室内に

吹き込むこともありません。

 

ドレーキップの窓 ドレーキップの窓

 

では、もう一つの「内開き」は、

いつ使うのか?・・・というと、

 

窓を掃除する時です!

 

これが意外と重要で、例えば、

2階の窓ガラスの外側など、やってみると

簡単に拭けるものではありませんね・・・。

 

内開きであれば、2階でも室内から

安全にゆっくりと丁寧に拭ける訳です。

窓のメンテナンス作業も楽になります。

 

1. 気密が確保できること

2. 安心して開放できること

3. 安全に窓の掃除ができること

 

こういった要素が省エネ住宅には必要です。

 

ドレーキップ・・・。馴染みのない窓ですが、

省エネ住宅のスタンダードになるでしょう!

 

∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「外側アルミ2+1=3層ガラス木製窓」詳しくはこちら

  ⇒ http://mala-gruppen.com/fonster/2+1.html

 

>「外側アルミ2+1=3層ガラス木製窓」の写真をもっと見る

   http://mala-gruppen.com/galleri/fonster.html

 

続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:2+1=3層ガラス木製窓, 09:00
comments(0), -, -
#217 省エネ住宅にはドレーキップ

ブラインド内蔵のテラスドア

 

Tjena!

 

日本では、窓もドアも開閉方式の

スタンダードは「引き違い」ですね!

 

これは、歴史的に見ても、高温多湿の

夏を旨とした住まいで、襖や障子が

主体の文化だったからでしょう。

 

しかしながら、「引き違い」の構造は、

「省エネ住宅」には適しません・・・。

 

どうしてなのでしょうか?

 

答えは、引き違いの窓は、高い気密性を

確保できないからなのです!

 

省エネ住宅には、高断熱・高気密の仕様が、

住宅躯体にも建具にも要求されます。

 

ところが、引き違いの構造を見ると、

扉同士にクリアランス(隙間)が必要ですね。

 

これがないと摩擦で開閉できません・・・。

つまりこの隙間が、高い気密性能を

確保できない原因というわけです。

 

最も気密の取れる開閉方法は、

外開きや内開きです。扉と枠の間に

気密ゴムが挟まれ(圧接され)ることで、

高い気密性が確保できるのです。

 

これ故に、スウェーデン本国の窓は、

外開きか内開き、同じく気密ゴムを挟める

構造のトップターンとなります。

 

ちなみに、スウェーデンにも引き違いや

片引きタイプの窓は存在しますが、

窓を閉める時には、扉同士が圧接される

「へーべ・シーベ」という特殊構造です。

 

この中で、現在、スウェーデンから直輸入

しているのは・・・実は、「内開き」です。

 

ドレーキップの窓

 

えっ?と思われるかもしれませんが、

正確には、「内開き」と「内倒し」ができる

「ドレーキップ」というものです。

 

「ドレーキップ」は、ドイツ製の開閉金具で、

レバーハンドルの向きにより、内開きと内倒し、

二つの開閉ができる手品のような窓です!

 

ドレーキップの窓

 

どうして「ドレーキップ」か?というと、

日本の気候で、春や秋など外が快適な時は、

積極的に自然通気を利用したいからです。

 

高断熱・高気密住宅だからといって、

窓を開けないのではありません。あくまで、

冷暖房運転をする時に、高い断熱・気密性能が

必要であって、根源の考えは「省エネ」です。

 

この時、とても重要なのが・・・

「安心して窓を開放しておける」ことです。

 

ドレーキップの窓

 

窓を開放しておける??

どの窓も、窓は開放しておけますよね?

その理由は、次回、お話します。

 

 ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「外側アルミ2+1=3層ガラス木製窓」詳しくはこちら

 

>「外側アルミ2+1=3層ガラス木製窓」の写真をもっと見る

 

続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:2+1=3層ガラス木製窓, 09:00
comments(0), -, -
#216 ブラインド内蔵の窓

ブラインド内蔵の窓

 

Tjena! 

 

スウェーデン本国で使われている窓は、

たくさんの種類がありますが、

構造で分類すると、多くはありません。

 

窓は、ほぼすべてが木製窓となります。

 

搭載されるガラスユニットは、

ほとんどが3層ガラスで、最近では、

4層ガラスも使われています。

 

現在、スウェーデンから直輸入するのは、

3層ガラスでも、2+1=3層ガラスといって

室内側の2層ガラスユニットと外側の

単層ガラスとで構成された窓扉です。

 

通称、2+1(ツー・プラス・ワン)

と呼ばれています。

 

ブラインド内蔵の窓

 

どうして、3層ガラスユニットではなく、

2+1=3層ガラス構造の窓としているのか?

 

・・・というと、それは、

窓にブラインドが内蔵できるからです!

 

正確には、ガラス間にブラインドを

取り付けることができるのです。

 

なんとも面白い構造ですが、

その凄さは遮熱性能にあります。

 

ブラインド内蔵の窓

 

日本ではパッシブハウスなど省エネ仕様の

高断熱・高気密住宅では、どうしても

夏場に窓ガラスから侵入してくる日射熱が

大きな負荷となってしまいますね。

 

これに対しては、屋根の庇を長く出したり、

オーニングを付けたり、遮熱ガラスを使用

するなどしか選択肢がありません。

 

しかし、「2+1」であれば、

ブラインドを下す(閉める)ことで、

夏場の日射熱を遮ることができます。

 

そのメカニズムが驚きで、遮られた熱は、

ガラス間の空気対流で、窓の外へと

自然と放出される仕組みです!!

 

ブラインドは、手動であるものの、

上げ下げや角度調整ができます。

 

例えば、夏の昼間は、南と西でブラインドを

閉めて日射熱を遮り、冬の昼間は、逆に

南と西を全開にすれば、日射熱を取り入れる

ことができる・・・というわけですね。

 

こうすることで、より少ない冷房と

暖房で屋内環境を快適に保てます。

 

ブラインド内蔵の窓

 

もちろん、夜の間は、ブラインドを

完全に閉めてしまえば、カーテンも不要です!

 

意外なことに、ホコリのつかないブラインドと

カーテンが不要といった点が、最も高い評価を

もらっていたりするのですが・・・。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「外側アルミ2+1=3層ガラス木製窓」詳しくはこちら

 

>「外側アルミ2+1=3層ガラス木製窓」の写真をもっと見る

 

続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:2+1=3層ガラス木製窓, 09:00
comments(0), -, -
#215 スウェーデン本国仕様で導入する意義

スウェーデン本国仕様の住宅

 

Tjena!

 

スウェーデン本国で建築される

住宅には、住宅先進国としての哲学や

ノウハウ、テクノロジーや建材が、

最新の状態で注ぎ込まれています。

したがって、スウェーデンの

本国仕様で日本へ導入する事は、

日本でも住宅に資産価値を与え、

耐用年数を大幅に伸ばします。

 

住宅先進国としての住まう豊かさを

感じられる一歩となるでしょう。

 

スウェーデン本国仕様の住宅

である意義は、日本のこれからの

住宅を創造することでもあります。

 

スウェーデン本国仕様の住宅

 

残念ながら今の日本は、
世界トップレベルの耐震技術を誇る

家でも耐用年数は30年程度。

中古住宅の価値はというと、

ほぼゼロ・・・。これが現実です。
 

住宅にたくさんのお金をかけないと、

いい家には住めない社会なのです。

ここに、住宅先進国としての哲学や

ノウハウ、最新のテクノロジーや建材が

注ぎ込まれたスウェーデン本国仕様で

日本へ導入する意義が生まれます。

それは、「輸入住宅」とは違います。

和風モダンのようなデザインもある

でしょうし、日本の建築基準に合わせて

様々な手法で住宅が構成されます。

それは、これまでの日本の住宅とも

また違うものになるでしょう。

なぜならば、それが次世代の住宅を

創造する事であり、

日本のこれからの住宅は、

私たちの想像を遥かに超えたもの

でなければならないからです。

 

そんな取り組みがすでに始まっています。

 

スウェーデン本国仕様の住宅

 

住宅の断熱・気密性能が抜群に高く、

より少ないエネルギーで快適な住環境を

実現することも大切です。

 

地震に強い耐震、制震、免震などの

技術も住宅にとって重要です。

 

スウェーデン本国仕様の住宅

 

しかし、社会が、どのようにしたら

住宅にそれほどお金を費やさなくても

みんながいい家に住めるのか?

 

本当の住まう豊かさとは何なのか?

 

日本の住宅の創造にとって、今、

ものすごく重要なのは、ここなのですね。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:スウェーデンの住宅, 09:00
comments(0), -, -
#214 住宅先進国とは?

スウェーデン本国仕様の住宅

 

Tjena!

 

「住宅先進国」とは、

どういう意味なのでしょうか?

 

例えば、日本の住宅は、地震に

強い構造で、耐震、制震、免震など

世界トップレベルの技術を誇ります。

 

建築工法も多様で、年間建築棟数も多く、

現在は、どんなデザインの住宅でも

不可能なものはないでしょう!

 

しかし、日本が住宅先進国と

呼ばれているのを、残念ながら

聞いたことがありません・・・。

 

これに対し、スウェーデンは

住宅先進国と呼ばれています。

 

一体何が違うのでしょうか?

 

スウェーデン本国仕様の住宅

 

スウェーデンは世界基準で見ても

住宅の断熱・気密性能が抜群に高く、

より少ないエネルギーで快適な住環境を

実現できるテクノロジーを有すします。

しかし、本当の「ゆえん」は別にあります。

住宅が資産化された社会だからです。

スウェーデンの住宅は日本と同じ

木造ですが、耐用年数は100年以上。

高い資産価値を有します。

 

30年の中古住宅が新築と同じ価格

であることも珍しくありません。

つまり、生活スタイルが変わった時、

住んでいる家を売って、その資金を元に

新たな家を買うことが可能な社会です。

 

スウェーデン本国仕様の住宅


新築でも同じようなことが

可能となっています。

これから建てる住宅においても

高い資産価値が認められるため、

未来の新築住宅を担保としてより

多くのローンが組める制度です。

超省エネで耐用年数も長い住宅の

価格は決して安くありません。

 

それを可能にする建材やノウハウが

注ぎ込まれているからです。

 

スウェーデン本国仕様の住宅


それでも、そんな住宅を購入でき

住めるのは、この「資産価値」が

存在しているからであり、結果、

住宅にそれほどお金を費やさなくても

みんながいい家に住める社会・・・

これが本当の住まう豊かさであり、

住宅先進国の姿なのです。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

* Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「ウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:住宅と資産価値, 09:00
comments(0), -, -