RSS | ATOM | SEARCH
#233 無垢フローリングの進化

パインの無垢フローリング

 

Tjena! 

 

スウェーデンでは、

その昔、無垢フローリングを

直接、床根太の上に敷いています。

 

そのため、強度的にも材は

厚いものが必要でした。

 

室内で靴を使用していたことから、

フローリングの表面は、当時、

汚れや傷が付きやすかったのです。

 

それでも、無垢フローリングは、

表面を数ミリ削り取ってしまえば、

新品の表面と生まれ変わります!

 

材が厚い程に、何度も削れるので、

例えば、30mm厚といったものが

重宝されていました。

 

パインの無垢フローリング

 

現在は、床根太に合板を張ってから、

フローリングを敷くので、

例えば、14mm厚といった

薄いものでも成立します。

 

無塗装が多かった昔に比べ、

現在は、仕上げも進化しています。

 

パインの無垢フローリング

 

素材そのものの質感で使いたい

場合はオイル仕上げです。

 

定期的にオイルの塗布が必要ですが、

最も木を身近に感じられます。

 

パインの無垢フローリング

 

無垢フローリングが良いけれど、

出来るだけメンテをしたくない・・・

場合は、ラッカー仕上げです。

 

表面に硬めのコーディングが施され、

汚れや傷が付き難くなります。

 

最近の塗装では、

オイル仕上げのような質感と、

ラッカー仕上げのような耐久性を兼ね備えた、

「ハードワックスオイル仕上げ」

まで誕生しました!

 

透明なナチュラルの他に、

ホワイトやブラウン、グレー、

ブラックといった色があるので、

インテリアに合わせ選択できます。

 

パインの無垢フローリング

 

ホワイトでも、木目が見える薄い

白がコーディングされたものや、

 

何十年と使い続けたような、

表面に凹凸を施したアンティーク調の

仕上げなど、同じパイン材とは

思えないフローリングです。

 

パイン材のフローリングは、

インテリアの表現に欠かせない

アイテムにまで進化しています!

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「無垢フローリング」の写真をもっと見る

 

>「スウェーデンのフローリング」詳しくはこちら

 

続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:フローリング, 09:00
comments(0), -, -
#232 無垢フローリングの良し悪し

無垢フローリング

 

Tjena! 

 

スウェーデンの床材と言えば、

無垢フローリングです!

 

これは、無垢材で構成された

フローリングで、パイン材が

多く使われています。

 

材の幅が広い方が、

仕上がりが豪華に見えます。

 

パイン材の場合、材の幅は、

通常が135mm。加えて、

180mm230mmも可能です!

 

ただし、幅を広くするためには、

材の厚みも必要ですね。

 

材の厚みは、標準が20mm

幅に応じて、25mm30mm

の厚みとなります。

 

無垢フローリング

 

無垢フローリングは、

天然の素材そのものであるので、

その良し悪しは、

 

「材の質と含水率」

 

で決まります!

 

材の質とは、主に、

材の産地です。

 

最も良質とされるのは、

スウェーデン北部産のパインです。

 

寒さの厳しい環境で育つパインは、

木目が緻密、木肌がきれいで、

狂いが少ないのが特徴です。

 

スウェーデン北部の冬

 

逆に、暖かい環境で育ったパインは、

成長が早いため、短期間で沢山の

量が採れるものの、柔らかく材の

動きや反りが出やすいのです・・・。

 

そして含水率です。

 

材に含まれる水分は、乾燥室の中で、

人工的に落とされますが、

使用目的によって設定が違います。

 

材の正確さが要求される

家具用含水率は、8%なのですが、

フローリングでも、ここまで

落としているものがあります!

 

無垢フローリング

 

含水率を低くする程に、当然、

時間と費用がかかっています。

 

高い資産価値を生み出すような住宅は、

使っている建材のひとつ一つが、

この無垢フローリングのように

違っている訳なのですね!

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「無垢フローリング」の写真をもっと見る

 

>「スウェーデンのフローリング」詳しくはこちら

 

続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:フローリング, 09:00
comments(0), -, -
#231 室内ドアのレバーハンドル

室内ドアのレバーハンドル

 

Tjena! 

 

スウェーデンの室内ドアに装着される

レバーハンドルはユニークです。

 

室内ドアには、スウェーデンの工場で、

ロックケースが内蔵されます。

 

室内ドアのロックケース

 

ロックケースには、上下に

二つの穴があって、

上がレバーハンドル用。

下がロック用となります。

 

これらは、スウェーデン統一規格と

なっているので、いろんなデザインの

レバーハンドルが組み合わせ可能です!

 

ドアのデザインによって、若干、

扉の厚みが変わる事もありますが、

取り付け用のネジが、長さ調整できる

タイプなので大丈夫です。

 

ロックケースの下の穴は、

通常、キープレートで覆います。

 

室内ドアの鍵穴

 

これは、鍵穴のあるプレートで、

おとぎ話に出てくるようなモノですが、

実際に、専用の鍵も付属し、ドアを

施錠する事ができるのです!

 

室内ドア用キープレート

 

鍵もまたノスタルジックで、

本当に使えるから面白いですね。

 

室内ドアの鍵

 

ただ、この鍵穴は、貫通しているので、

鍵穴を覗くと、室内が見えます・・・。

 

この事をスウェーデン人に聞いたら、

 

「家族なので、基本的に覗かないし、

覗かれたくない場合は、鍵を鍵穴に

差したままにすれば問題ないよ。」

 

といった返答でした。

 

確かに、それで十分ですよね。

 

実際には、トイレ用サムターンもあって、

キープレートの代わりに装着できます。

 

室内ドア用サムターン

 

ホームオフィスなどでは、本格的な

シリンダー錠とも交換できます。

 

さらに、何も必要ない時には、

鍵穴のないプレートも準備されています。

 

室内ドア用レバーハンドル

 

ドアのデザインや仕上げに合わせ、

レバーハンドル等の金具類も

たくさんの種類の中から選べるのです!

 

室内ドア用レバーハンドル

 

せっかく長い時間を待って、スウェーデン

から持ってくるので、やはり、

ディテールまでこだわりたいですね。

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデンの室内ドア」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの室内ドア」お問い合わせはこちら

 

続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:室内ドア, 09:00
comments(0), -, -
#230 無垢の框ドア

無垢の框ドア

 

Tjena! 

 

スウェーデンの室内ドアといえば、

無垢の框ドアが得意です!

 

デザインはシンプルながら、

クラシックからモダンなインテリアまで

使っていける室内ドアです。

 

樹種は、パイン材が主で、特に

スウェーデン北部産の框ドアは、

上質なドアとして認知されています。

 

扉の枠材(框)部分の厚みは42mm

室内ドアといえど重厚なのです。

 

無垢の框ドア 無垢の框ドア

 

使い始めは白く、使っていくと

アメ色に変化していきます。

何十年経っても、質感が落ちない・・・

それが無垢の框ドアなのです。

 

無垢の框ドア 無垢の框ドア

 

クリアラッカー仕上げではない、

カラーステインやホワイトペイント

仕上げでは、同じデザインでも、

その質感は全く異なります。

 

オーク無垢材を選べば、さらに

高級感ある印象となるでしょう。

 

無垢の框ドア 無垢の框ドア

 

様々なデザインがありますが、

同じ扉で、開き戸と引き戸とが

選択できるのも大きな特徴です。

 

開き戸には、専用の枠材に、

ハンドルとキープレートが付きます。

 

無垢の框ドア

 

キープレートには実際に鍵穴があり、

専用の鍵で、簡易的なロックもできる

ユニークな構造となっています。

 

引き戸の場合には、引き戸用の

取手や金具が付属します。

 

無垢の框ドア 無垢の框ドア

 

上部に専用の引き戸レールを取り付け、

扉を吊り下げてスライドさせる構造です。

 

引き戸の下部に溝(レール)がないので、

部屋間でフローリングを一体化できます!

 

重厚な無垢の框ドアを支える蝶番は、

扉を上下に微調整でき、現場で

左右の吊り元を変えられる特殊な

蝶番を標準装備しています。

 

蝶番の差込が、両方から入れ込める

構造となっていて、ラッチ錠も、

引き抜くと反転する構造なのです!

 

本体の耐久性もさる事ながら、

こういった調整機能や可変性もまた、

室内ドアを何十年と使っていくために

必要な事要素なのですね。

 

 ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデンの室内ドア」詳しくはこちら

  ⇒ http://mala-gruppen.com/byggmaterial/innerdorr.html

 

>「スウェーデンの室内ドア」お問い合わせはこちら

 

続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:室内ドア, 09:00
comments(0), -, -
#229 スウェーデンの断熱リノベーション

パッシブハウス

 

Tjena! 

 

スウェーデン本国仕様住宅に

使われている断熱材(ロックウール)の

プレゼンをまとめていたら、興味深い

資料があったので、ご紹介します。

 

スウェーデンの断熱リノベーションで、

断熱性能の「ビフォー・アフター」、

その仕様と消費・損失量の比較です。

 

Ref. Paroc Konstruktion&Passivhus

 

ビフォーの住宅モデルはというと、

1970年代のオイルショック以前、

つまり、築40年以上の家です。

 

断熱リノベーション

 

まず、驚いたのが、その仕様です。

外壁の断熱材:95mm

屋根天井の断熱材:100mm

木製窓:2層ガラス

 

???

これって、今の日本で、高断熱住宅と

呼ばれている仕様と変わりませんね?

 

ちなみに、この家で、

1年間の消費エネルギーが、35,000 kWh

その内、住宅の外皮(境界構造)からの

エネルギー損失が、23,500 kWhです。

 

その値は、置いといて、続いて

アフターの住宅モデルは、「現在」で、

この資料では、断熱リノベーションをした

場合の仕様が以下となります。

 

断熱リノベーション

 

外壁の断熱材:240mm厚(3層の断熱層)

屋根天井の断熱材:400mm

木製窓:3層断熱ガラス

 

???

さらに驚きですね!

これって、日本でいう、パッシブハウス

に近い仕様ではないでしょうか?

 

この結果、

1年間の消費エネルギーが、15,000 kWh

・・・マイナス20,000 kWh

 

その内、住宅の外皮(境界構造)からの

エネルギー損失が、7,500 kWh

・・・マイナス16,000 kWh

 

実に、莫大なる省エネ効果です!

 

 

ちなみに、こんな資料もありました・・・。

パッシブハウスの外壁の断熱構成です。

 

外壁の断熱材:505mm厚(4層の断熱層)

外壁の熱貫流率:U=0.080 w/m2k

 

パッシブハウスの外壁仕様

 

外断熱:45mm厚(d2

主体構造:195mm厚(d1

内断熱:195mm厚(d3

気密シート

内断熱-270mm厚(d4

 

こんな4層の断熱構成です。この仕様は、

日本で、何と呼べば良いのでしょうか・・・?

 

  ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

 

*Tjena! は、スウェーデン語で「どうも!」の意味です。

 

>「スウェーデン本国仕様の住宅」詳しくはこちら

 

>「スウェーデンの建材詳しくはこちら

 

続きを読む >>
author:Akio Kanaida, category:断熱材, 09:00
comments(0), -, -